和食について学んで和食検定合格を目指す趣味

和食について学んで和食検定合格を目指す趣味

和食について学んで和食検定合格を目指す趣味は、日本人なら知っているようでしらない和食について学ぶ趣味です。日本の食文化を正しく理解出来る趣味になります。

 

和食検定

和食検定の三大目的として、・和食文化の正しい理解と継承・日本古来のおもてなしを中心とした業界人のレベルアップ・日本文化の魅力を国内外に発信できる人材の育成となっています。

 

日本人なら改めて《和食の文化の正しい理解》と言った部分には興味がありませんか。日本人でも世界に誇れる和食について知らない事ばかりかも知れません。

 

和食について、国内外に発信できるくらい学んでみましょう。

 

スポンサードリンク

和食検定とは?

和食検定については、公式サイトから引用します。

 

和食検定は、日本の食文化を正しく理解し、正しく伝えるための基礎知識の普及と、和の食文化を継承し発信していくために必要な専門知識と実務知識の理解度を測るための筆記試験です。レストランや旅館での和のサービスに向けた教育機関がない中で和食を日本の文化として捉え、知っておきたい基本的な事柄をおもてなしの現場や日々の生活の中で生かしていけるようにとの思いから生まれました。

 

今世界が注目する和のおもてなしの更なるレベルアップを応援します。

 

レストランや旅館で働く人にとっては最適な検定の様に思いますが、和食の基礎知識を学ぶには面白そうな検定です。

 

食文化と言うのは、どこの世界でもその地域性やご当地性を表す最適なものです。大きな意味で、日本人である以上、和食!について造詣を深めるには楽しい趣味になります。

検定内容

検定の内容も公式サイトを引用します。

 

和食検定は、2015年より初級レベルが加わり、基本レベル、実務レベルをあわせ3つのレベルの検定となります。実施時期は、毎年2月と10月です。2月は、初級レベルと基本レベルの2レベル、10月は実務レベルを含めた3レベルを実施します。
初級レベルの試験時間は60分、出題数は100問で100点満点中の正解率によって1級から3級までの認定をします。また基本レベルと実務レベルの試験時間は90分、出題数は200問で200点満点中の正解率によって1級と2級の認定を受けることが出来ます。問題形式はどのレベルも多肢選択方式(4択問題)です。

 

初級レベル、基本レベル、実務レベルとあって、初級者レベルは誰でも受験する事ができます。まずはここを狙ってみましょう。

 

和食検定の内容は、想像が出来そうでできないですね。どのような問題が出るのかイメージが湧かないと思います。

 

知っていそうで知らない事を学ぶ!和食検定はホントにそのような位置にいる検定です。楽しみながら和食について学んで楽しみましょう。

 

和食検定の公式サイト

和食検定の公式サイトを紹介しておきます。

 

興味があれば公式サイトで確認してみて下さい。受験日や詳しい受験内容も解ります。

 

和食検定公式サイトで確認ができます。

 

スポンサード リンク

 

 

トップ | 学ぶ趣味一覧