手話を学ぶ事を楽しむ趣味

手話を学ぶ事を楽しむ趣味

手話を学ぶ事を楽しむ趣味は、耳や口が不自由な人が手を用いて伝達する方法です。この手話を学ぶことで人の役に立つ事ができる趣味です。

 

手話

 

この手話を学ぶことで、新たに会話ができる人が増えて、そして人の役に立つ事ができる事は自分の喜びでもあります。

 

聴覚障碍者の間で用いられる意思伝達方法は、身振りや空書、筆談などがあります。

 

中でも代表的なもが手話になります。

 

手話を学ぶ事で聴覚障碍者とコミュニケーションがとれるようになりますし、障碍を持つ人への理解や地域全体の福祉の向上につながります。

 

スポンサードリンク

《手話を学ぶ事を楽しむ趣味》の魅力

《手話を学ぶ事を楽しむ趣味》の魅力は色々とあります。楽しんでいる人はどのような事に魅力があると思っているのでしょう。

 

  • 聴覚障碍者と気軽にコミュニケーションを取れるようになる
  • 手話通訳者としてあるいは接客業などの場において手話を活用できる
  • 学んだ手話を実際にやり、理解してもらえると嬉しい
  • 手話ニュースなどあらゆるシーンで使われる手話が理解できるようになると面白い
  • 手話サークルにおいて障碍のあるなしを超えて地域の人たちとつながりを持てるようになる
  • 手話を使った歌や踊りを楽しめるようになる

 

《手話が解る動画》

 

《手話を学ぶ事を楽しむ趣味》の楽しみ方

《手話を学ぶ事を楽しむ趣味》の楽しみ方は、手話を学ぶ事で聴覚障碍者と気軽にコミュニケーションを取れるようになれることです。

 

電車やバスなどで困っている聴覚障碍者に対し、躊躇せずにサポートできるようになります。

 

また手話サークルにおいて障碍のあるなしにかかわらず、地域の人とのつながりを持てるようになります。

 

共に生き、暮らしと権利を発展させ安定した地域社会を作る事に役立ちます。

 

この他にも努力して覚えた手話が通じる喜びを通し、理解し合う事の大切さを感じられるようになります。

 

《手話を学ぶ事を楽しむ趣味》の始め方

《手話を学ぶ事を楽しむ趣味》の始め方は、手話を学ぶには手話のテキストをはじめ手話講習会や地域の手話サークルなどがあります。

 

その中でも手話サークルは障碍の有無に関係なく地域の人々が集い、実際の聴覚障碍者に手話をはじめ身振り、指文字、筆談、空書などで積極的にアプローチし、知り合う事からはじめられるようになっています。

 

このことでお互いが共に学び理解し、交流できるようになります。

 

手話サークルにいきなり行くのには抵抗があるという場合には、テキスト教材などである程度勉強してから行くという方法もあります。

 

手話のテキストは1冊3ヶ月分のNHK教材で391円。この他の書店で扱われている教材の多くは1000円台から2000円台です。

 

また大手通信教育が提供している手話入門講座は3ヶ月のカリキュラムで4万1000円。

 

手話検定も目指せる通学式で東京・名古屋・大阪に教室を置く手話講座は3ヶ月受講で10万2600円。

 

地域の手話サークルの会費は年間3000円から8000円程。

 

手話を学ぶ事で障碍者について理解し、様々な人が共に生きる事を目指す事により、誰もが安心して暮らせる強く安定した社会の形成につながる役に立つことができます。

 

スポンサード リンク

《手話を学ぶ事を楽しむ趣味》の費用

《手話を学ぶ事を楽しむ趣味》の費用は?

 

(料金は変わる可能性があります。必ず公式サイトを確認してください)

 

自宅で学べる教材

谷千春のワンステップ手話講座

 

国際手話通訳士、NHK手話講師で有名な谷千春氏が監修の初心者用の手話教材
14,800円(税抜)

 

元NHK手話ニュースキャスター谷千春の手話講座