点字を学ぶ事を楽しむ趣味

点字を学ぶ事を楽しむ趣味

点字を学ぶ事を楽しむ趣味は、点字は盲人が指で読む事ができる文字の一種で、これを学ぶ事でボランティア活動などで人の役に立つことを喜びとして楽しむ趣味です。

 

点字

 

点字とは目の不自由な方が指先の触覚により読解する記号文字の事を指し、縦に3つの点、横に2つの点の計6つある凸状の点の組み合わせにより文字を表します。

 

点字を必要としない健常者には一見なじみのないもののような感じがしますが、缶ビールなどのお酒の缶や洗濯機、炊飯器あるいはATM機や券売機など身の回りの様々な所で点字は使われるものとなっています。

 

スポンサードリンク

《点字を学ぶ事を楽しむ趣味》の魅力

《点字を学ぶ事を楽しむ趣味》の魅力は色々とあります。楽しんでいる人はどのような事に魅力があると思っているのでしょう。

 

  • 点字を学ぶ事により目の不自由な方への理解が深まる
  • 点訳ボランティアとして活動できるようになる
  • 点訳ボランティアは自宅にて自分のできる範囲から始められる
  • 点字を学び点訳ボランティアに参加する事で社会のバリアフリー化に貢献できる
  • 点字を通じて目の不自由な方とのコミュニケーションの幅が広がる
  • 通常の文字とは全く違う表現方法を覚える事に面白みを感じられる

 

《点字の体験学習風景》

 

《点字を学ぶ事を楽しむ趣味》の楽しみ方

《点字を学ぶ事を楽しむ趣味》の楽しみ方は、点字は健常者にとってなじみがないように感じられるものですが、例えば缶ビールのような缶に入ったお酒のプルトップのそばには「オサケ」を表す点字が打たれています。

 

この他にも洗濯機や炊飯器、ATM機や券売機など探せば身の回りに様々な点字が使われていて、どのような所にあるのか、何が書かれているのかについて知る事はバリアフリーについてじっくり考える事につながります。

 

これに加えて点字ボランティアへの参加は目の不自由な方への理解が深まる他、点訳は自宅にて自分のペースで進められます。

 

このため仕事がある場合や、ボランティアに興味があるものの多くの人と集まって活動するのが苦手という場合でもボランティアに貢献しやすいものとなります。

 

《点字を学ぶ事を楽しむ趣味》の費用

《点字を学ぶ事を楽しむ趣味》の費用は、点字器は標準的セットが1万400円で売られている他、視覚障害者支援総合センターでの初心者向け点字通信教育は受講料1万8000円、教材費6300円の計2万4300円です。

 

また点字の入門書は入門テキスト定番の「点訳のしおり」が580円の他、学習書や必要な道具が揃った点字入門セットは2190円となります。

《点字を学ぶ事を楽しむ趣味》の始め方

《点字を学ぶ事を楽しむ趣味》の始め方は、点字を書くための基本的な道具として点字器があり、点字用の用紙をこれにはさみ点筆で凹みをつけるようにして点字を書きます。

 

これを裏返して凸部分を読むため、書く際には右から左に向かって書き、読むときとは逆向きの点の組み合わせで点字を書き入れます。

 

点字器は点字図書館などで購入できる他、点字を覚えてからはライトブレイラーと呼ばれる点字用タイプライターやパソコンの点訳ソフトも使えるようになります。

 

また点字ボランティアに参加する場合には、点字図書館のホームページにてボランティア募集をしているため、電話かメールにて問い合わせます。

 

スポンサード リンク