茶道を学ぶことを楽しむ趣味

茶道を学ぶことを楽しむ趣味

茶道を学ぶことを楽しむ趣味は、茶道の客を招いて作法に則って、お茶をたてて楽しむことを学ぶ趣味です。

 

茶道

 

この茶会では観桜や月見、祝いごとなどのテーマに則り茶席のしつらいや道具、菓子などが選ばれ客に細かなもてなしがなされます。

 

このため茶道には堅苦しいイメージがありますが、本来は和やかに茶会の雰囲気を楽しみ、その場に居合わせた人との交流を深めるものとなっています。

 

そんな茶道の楽しみを学ぶ趣味です。

 

スポンサードリンク

《茶道を学ぶことを楽しむ趣味》の魅力

《茶道を学ぶことを楽しむ趣味》の魅力は色々とあります。楽しんでいる人はどのような事に魅力があると思っているのでしょう。

 

  • 代表的な日本の伝統文化に実際に触れ、体験できる
  • 茶道を学ぶことを通じて礼儀作法が身に付く
  • 道具や菓子などテーマに沿った亭主のもてなしをじっくりと堪能できる
  • 茶道の席でじっくりお茶を味わうことで心を落ち着かせ、自分自身に向き合える
  • 茶碗や道具をじっくり鑑賞し、その芸術性に触れられる
  • 茶道を通して亭主や客同士で和やかな交流を楽しめる

 

《茶道初心者でも解る魅力》

 

《茶道を学ぶことを楽しむ趣味》の楽しみ方

《茶道を学ぶことを楽しむ趣味》の楽しみ方は、茶道では挨拶の後、先にお菓子が出されますが、このお菓子そのものや盛り方、器はそれぞれテーマに沿ったものであり、亭主の心がこもったものであるため食べるだけでなく盛り方など見た目の美しさも味わいます。

 

また茶碗や道具も同様に茶会のために選ばれたものであるため、お茶をいただいた後でこれらもじっくりと鑑賞し、その侘び寂びの心に触れます。

 

この後正客を通して茶会の趣向や生けられた花の名前などについての会話によって亭主の思い入れを感じながら茶の席を楽しみます。

 

《茶道を学ぶことを楽しむ趣味》の費用

《茶道を学ぶことを楽しむ趣味》の費用は、寺院の茶会の臨時会費は800円から2500円程で、美術館で行われる茶会は参加費2万円ほどが多数です。

 

この他にも茶道教室は3ヶ月9回で月謝6000円程に加え、入会費5400円とテキスト代800円程がかかる所や、入会費5000円とお稽古1回につき3000円の所などがあります。

 

またカルチャースクールの茶道では3ヶ月で2万円から3万円程が目安です。

《茶道を学ぶことを楽しむ趣味》の始め方

《茶道を学ぶことを楽しむ趣味》の始め方は、茶会は各地にて大寄せ茶会が催されていて、特に寺院や名席では毎月月釜と呼ばれる茶会が開かれているということがあります。

 

会員制の場合がある一方で、茶会当日に臨時会費を納めると参加できる会もあるため、インターネットで調べる他、各地域の役所の観光課などに問い合わせると自治会主催の茶会について教えてもらえます。

 

この他にも各地のホテルや美術館でも茶会を行っている場合があるため、日程を確認し、予約を入れるようにします。

 

茶会の正装は、男性は十徳、女性は紋付きですが、洋装の場合には男性はなるべく地味な背広かジャケット、女性はカジュアル過ぎない改まった装いにし、お茶の香りを損ねないよう香水は避けるようにします。

 

》》》茶道教室!

 

 

スポンサード リンク

 

 

トップ | 学ぶ趣味一覧