華道を学ぶ事を楽しむ趣味

華道を学ぶ事を楽しむ趣味

華道を学ぶ事を楽しむ趣味は、主役である花をいかに活き活きと魅せるかを考えた生け方にあって、それを自分の手で形にできる事を楽しむ趣味です。

 

華道

 

生け花というと伝統的な華道の理論が必要なイメージがありますが、家にある花瓶、ない場合にはグラスや空き瓶などに花を生けて気軽に楽しむというのも一つの方法です。

 

こういった事をふまえて華道を学ぶ事で伝統的な花の生け方を改めて身に付けられる他、生けた花をじっくりと鑑賞して堪能する、自宅に美しい生け花をさりげなく飾るなどができるようになります。

 

スポンサードリンク

《華道を学ぶ事を楽しむ趣味》の魅力

《華道を学ぶ事を楽しむ趣味》の魅力は色々とあります。楽しんでいる人はどのような事に魅力があると思っているのでしょう。

 

  • 美しい花を用いて自分の感性を表現できる
  • 自宅に花を飾る際により美しく飾れるようになる
  • 華道を通して花の時期について詳しくなる
  • 生け花により四季の移り変わりをしみじみと感じられる
  • 華道を学ぶ事により日本の伝統的な芸道に触れる機会を得られる
  • 華道を学ぶ事で様々な人の作品に触れ、新たな発見を得られる

 

《華道の魅力》

 

《華道を学ぶ事を楽しむ趣味》の楽しみ方

《華道を学ぶ事を楽しむ趣味》の楽しみ方は、華道は日本の伝統的な芸道の一つですが、それゆえ堅苦しく考えてしまいがちです。

 

しかしながら本来であれば自分の好きな花を自分の美しいと思うよう自由に生けて楽しむ物となります。

 

華道として改めてお花について学ぶ事でより美しく花を飾れるようになる他、四季折々の花に触れ季節の移り変わりを身近に感じられるようになります。

 

《華道を学ぶ事を楽しむ趣味》の費用

《華道を学ぶ事を楽しむ趣味》の費用は、カルチャースクールで行われる池坊や草月流の華道教室は3ヶ月5回で初心者であれば1万7000円程、12回であれば3万2000円程です。

 

また全国にある華道教室は入会金2000円から6000円、月謝2500円から9500円程となります。

《華道を学ぶ事を楽しむ趣味》の始め方

《華道を学ぶ事を楽しむ趣味》の始め方は、華道などの「道」は一生続く物であり、長く続ける事が大切です。

 

このため学ぶ際には教室の見学以外にも色々な花展を見て回り、理想の指導者を見つけるということはより望ましい物となります。

 

華道には様々な流派があり、その特徴は以下のようになります。

 

◇池坊:真・正真・副・受・控・流という花形で生ける他、写実に重点を置く、造形生け花を生けます。

 

◇草月流:真・副・控という花形で生ける他、自由花や鉄、石、ガラスなどを用いて生けます。

 

◇古流:真・真前・流・留・受の名称を持つ生け花で、現代華や前衛華も生けます。

 

◇未生流:生けあがった際にすっきりと一本に見えるという特徴があります。

 

華道は堅苦しくとらえられやすいところがありますが、配色やハーモニー、動きなどを工夫する本来の創作を楽しむ事が大切です。

 

スポンサード リンク