アマチェア無線を楽しむ趣味

アマチェア無線を楽しむ趣味

アマチェア無線を楽しむ趣味は、世界中の人達と年齢や性別など関係なく電波でコミュニケーションを無料で楽しむ事が出来る趣味です。

 

アマチェア無線

 

アマチュア無線とは利益をや職業を目的としてではなく、趣味として電波を使って無線通信を楽しむ事です。

 

アマチュア無線はハム(HAM)とも呼ばれます。

 

近年ではアマチュア無線をやらなくとも多くの人がインターネットで世界中の人々とコミュニケーションを取れるようになっています。

 

しかしながらアマチュア無線は中継アンテナや基地局を必要としないため、地震や洪水などの災害に強いというメリットもあります。

 

無線にてコミュニケーションを楽しむだけではなく、無線技術の技術的な研究も楽しめたりできる趣味です。

 

スポンサードリンク

《アマチェア無線を楽しむ趣味》の魅力

《アマチェア無線を楽しむ趣味》の魅力は色々とあります。楽しんでいる人はどのような事に魅力があると思っているのでしょう。

 

  • 世界中にいるアマチュア無線家同士でコミュニケーションをして楽しめる
  • 初級から上級まで4段階の資格があるため、より上を目指す目標ができる
  • 災害時に電話回線がダウンしてもアマチュア無線の非常通信で外部と連絡が取れる
  • 音声の通信をはじめモールス信号、画像通信など様々なコミュニケーションを楽しめる
  • コールサインにより出所が明らかになるためお互い責任ある発言をしてコミュニケーションを取れる
  • 携帯電話などの通信機器とは違い、無線機器を自作して楽しめる

 

《アマチェア無線の初心者動画》

 

《アマチェア無線を楽しむ趣味》の楽しみ方

《アマチェア無線を楽しむ趣味》の楽しみ方は、今ではインターネットにより世界中の人々とコミュニケーションできるのが当たり前です。

 

しかし、アマチュア無線はコールサインにより出所が明らかになるため、お互い責任ある発言でコミュニケーションできます。

 

また雲仙普賢岳や阪神淡路大震災などの災害の際には、アマチュア無線の非常通信により通信の確保がなされました。

 

加えて楽しみ方としては無線機を屋外へ持ち出してアウトドアや旅行の際に交信する、無線機を自作する、無線仲間との思わぬ出会いがあるなど様々なものが挙げられます。

 

《アマチェア無線を楽しむ趣味》の費用

《アマチェア無線を楽しむ趣味》の費用は、コミュニケーションレシーバーは1台9万円程、ハンディレシーバーは1台2万円台から3万円台が目安です。

 

⇒無線機!

 

無線従事者免許を取得するには日本無線協会によるアマチュア無線技士国家試験を受験する必要があり、4級では試験手数料と郵送料を含めて5002円で、申請手数料が2100円、用紙代が170円です。

 

無線局免許は総務省ホームペジより申請書をダウンロードし、申請手数料は4300円となります。

《アマチェア無線を楽しむ趣味》の始め方

《アマチェア無線を楽しむ趣味》の始め方は、アマチュア無線を始めるには無線従事者免許と無線局免許の2種類が必要です。

 

無線局免許を申請する際に無線従事者免許証の番号が必要となるため、まずは無線従事者免許から取得します。

 

無線従事者免許は4級から1級まであり、4級から3級までの初級は中学校の理科程度の知識を要します。

 

アマチュア無線には様々な機器がありますが、初心者であればコミュニケーションレシーバーやハンディレシーバー1台からでも始められます。

 

アマチュア無線ではアイボールQSOというミーティングやアマチュア無線フェスティバルのようなイベントがあり、HAM仲間と実際に会って交流する機会もありますので参加してみるのも良いでしょう。

 

スポンサード リンク