サバイバルゲームを楽しむ趣味

サバイバルゲームを楽しむ趣味

サバイバルゲームを楽しむ趣味は、エアソフトガンやBB弾などを使った銃器で戦闘や競技を楽しむ趣味です。サバイバルゲームはなんと日本発祥の遊びなのです。

 

サバイバルゲーム

 

アクション映画やアニメ、ゲームなどの銃を持って戦うシーンはその作品の醍醐味であり、多くのファンが憧れるものです。

 

最近ではデジタルゲームでもリアルな銃撃戦が描かれていますが、サバイバルゲームでは実際に専用フィールドに立ち、重量感のあるエアガンで銃撃戦を再現するため頭や指先のみならず全身を使ってゲームを楽しめます。

 

このためいかにも男性向けの趣味と行ったおもむきですが、最近では女性ゲーマーも増えていて、男女が対等に参加できるアウトドアゲームとなっています。

 

スポンサードリンク

《サバイバルゲームを楽しむ趣味》の魅力

《サバイバルゲームを楽しむ趣味》の魅力は色々とあります。楽しんでいる人はどのような事に魅力があると思っているのでしょう。

 

  • 普段デジタルゲームでしか味わえないような銃撃戦を実際に自分で体験できる
  • 実際に体を動かしてゲームを行うため、運動不足やストレス解消になる
  • 戦場を模したフィールドで実際に対戦するという非日常的な雰囲気を楽しめる
  • 戦略を考える、敵との駆け引きなどがあり体だけでなく頭も使う
  • サバイバルゲームを通して、一緒に戦ったメンバーとの連帯感が得られる

 

《サバイバルゲームがどんなものか解る動画》

 

《サバイバルゲームを楽しむ趣味》の楽しみ方

《サバイバルゲームを楽しむ趣味》の楽しみ方は、映画の世界のような戦闘を楽しむ事ができます。

 

アクション映画やゲーム、アニメの銃撃戦に憧れる事は良くありますが、サバイバルゲームではテレビやスマホ、ゲーム機を離れて実際に自分でそれを体験して楽しめます。

 

戦争ごっこというイメージがありますが、ゲームの最終目的は指定のフラッグを取る事であり、銃撃戦を楽しみつつも作戦や相対した敵との駆け引きなどを要する事はスポーツに通じるものがあります。

 

また実際に体を動かしてゲームを行うため、デジタルゲームとは違い運動不足解消になる他、非日常的な空間において日頃のストレスを発散できるようになります。

 

《サバイバルゲームを楽しむ趣味》の費用

《サバイバルゲームを楽しむ趣味》の費用は、サバイバルゲームのフィールド利用料は、10名までで2万5000円からありますが、日曜は9万円程になります。

 

また一人で参加できるイベントでは一人3000円前後でフィールドによって食事代が含まれている場合や、500円程のお弁当の販売をしている場合があります。

 

道具のレンタルはエアガン2000円、迷彩服1000円、ゴーグルやバッテリーが500円程となります。

 

購入が必要になる道具としてゴーグルが1000円台から2000円台、フェイスマスクは1000円台から3000円程、グローブは2000円台から5000円台が目安となります。

《サバイバルゲームを楽しむ趣味》の始め方

《サバイバルゲームを楽しむ趣味》の始め方は、サバイバルゲームには道具を揃えなければならないイメージがありますが、全国にあるサバイバルゲームのフィールドではレンタルを行っている所もあるため、あらかじめ問い合わせる事で初めのうちは間に合わせられます。

 

また一緒にゲームに参加する仲間が見つからない場合でも、サバイバルゲームフィールドでは一人で参加できるイベントを行っている所が多いため、最寄りフィールドのホームページで調べるなどして予定を立てます。

 

ゲームを始める前にはルールやマナーの説明があるため、ゲームに熱中してもこれらをきちんと守る事でその場にいる他のメンバーと仲良くサバイバルゲーム楽しめるようになります。

 

スポンサード リンク

 

 

トップ | 遊ぶ系趣味一覧