ラジコン飛行機で遊ぶ趣味

ラジコン飛行機で遊ぶ趣味

ラジコン飛行機で遊ぶ趣味は、ラジコン飛行機を制作する楽しみから、自分で作った飛行機を飛ばしてその操縦を楽しんだりする趣味です。

 

ラジコン飛行機

 

ラジコン飛行機の第一の楽しみは制作することです。作りながら自分が作っているこの飛行機が、大空を自由に舞うのだと思うとそれだけでワクワクしてきます。

 

そして作った飛行機を操縦して大空に飛ばすこと!これが最大の楽しさです。

 

大空を自由に飛ぶのは、自分が飛んでいるようになんとも気持ち良さがあるものです。慣れてくると実機ではできないような、アクロバティック飛行もできたりします。

 

更に飛ばした飛行機をメンテナンスする面白みもあります。メカニック的なメカをいじくる楽しさもあるのです。

 

もしかしたら、休日の河原や大きな広場などを散歩していて、大空を自由自在に飛び回るラジコン飛行機を見たことがあるかも知れません。

 

そんなラジコン飛行機を見て、思わず立ち止まって空を見上げてしまった人もいるでしょう。

 

ラジコン飛行機は、青い大空の中を自分の思い通りに飛ばせるというのは気持ちが良く、空を自由に飛んでみたいという夢にほんの少し近づけるような魅力ある趣味です。

 

スポンサードリンク

《ラジコン飛行機で遊ぶ趣味》の魅力

《ラジコン飛行機で遊ぶ趣味》の魅力は色々とあります。楽しんでいる人はどのような事に魅力があると思っているのでしょう。

 

  • 自分の飛行機を自分の思い通りに飛ばして楽しめる
  • プラモデルと違い、見るだけでなく実際に動かして楽しめる
  • 上手く飛ばす事が難しいもののそれゆえ追求する面白さがある
  • 機械工学、航空力学、気象などの科学的知識への理解が深まる
  • ラジコン飛行機を通して年齢や地位を超えた仲間と語り合える
  • 競技会にチャレンジするという目標ができる

 

《へ〜ラジコン飛行機はこう飛ばすのか!の動画》

 

《ラジコン飛行機で遊ぶ趣味》の楽しみ方

《ラジコン飛行機で遊ぶ趣味》の楽しみ方は、飛ばす楽しさ、作る楽しさ、そしてメンテナンスをする楽しさがあります。

 

もちろん初めは完成品の飛ばす事を楽しむ事ができます。

 

ラジコン飛行機には、子ども向けのトイ用と大人向けのホビー用があります。トイ用は電池を入れればすぐ遊べる飛行機です。

 

しかしホビー用は整備や組み立て作業に加え知識や技術も必要となります。この飛ばすための知的欲求を満たすのも奥深い魅力があると言えますし、同時に大空を自分の思い通りに飛行機を飛ばすという夢を追い求められる楽しさもあるのです。

 

操縦に慣れてきたらアクロ飛行や競技会への参加、実機をスケールダウンしたスケール機の操縦など、様々な事に挑戦する楽しさもあります。

 

《ラジコン飛行機で遊ぶ趣味》の費用

《ラジコン飛行機で遊ぶ趣味》の費用は、入門機セットは電動の場合2万円台、エンジン飛行機の場合7、8万円程となります。

 

またラジコンクラブの入会金は年会費1万2000円から1万7000円、入会金は3000円から1万円程が目安です。

 

更にラジコン保険に加入するためのラジコン操縦士登録料は4500円、模型操縦士への登録料は3000円です。

《ラジコン飛行機で遊ぶ趣味》の始め方

《ラジコン飛行機で遊ぶ趣味》の始め方は、初心者の人はラジコン飛行機の機体をいきなり購入するのでなく、まずは模型店に実際に行ってショップの人に色々と聞いてから機体を選ぶのが良いです。

 

どのキットを購入すればいいのか、必要なパーツは何を選べばいいかといった様々な疑問についてお店の人とじっくり相談しましょう。

 

ラジコン趣味を続ける場合に行きつけの模型店があると重宝します。

 

またラジコン飛行機はどこでも飛ばせる訳ではないため、整備した場所や私有地などの安全な場所で飛ばすにはラジコンクラブに入会します。更に万が一建物や人にぶつかった時の事故に備えてラジコン保険に加入します。

 

ラジコン飛行機は空を飛ばすので、安全にも配慮して飛ばしましょう。その為にクラブに入会して楽しむのが良いです。

 

ラジコン飛行機を飛ばすためには科学に通ずる知識や技術に加え、風や気流などの自然条件を考慮するという難しい側面もあります。

 

それゆえ追求する面白さがあり、上手く飛ばせた時には純粋な喜びがそこにあります。

 

ラジコン飛行機はとても魅力的な趣味です。大空を飛ばせる日を夢見て始めましょう。

 

スポンサード リンク

 

 

トップ | 遊ぶ系趣味一覧