将棋で遊ぶ趣味

将棋で遊ぶ趣味

将棋で遊ぶ趣味は、将棋の対局を楽しむ趣味です。段々と上達して段位が上がっていくと更におもしろくなる趣味です。

 

将棋

将棋は81マスの将棋盤を使って、合計40枚の将棋駒で2人で対戦ボードゲームです。

 

将棋の駒はそれぞれ違った動きをするので、駒の特徴を活かしながら戦術的、戦略的に戦うゲームです。相手の王様を取ったら勝ちになります。

 

自分の王様を守りながら、相手の王様をいかにして取るかと言う頭脳戦がおもしろい趣味です。

 

将棋を楽しんでいる人口はとても多いので、対戦相手もたくさんいます。そして対戦を指せる場所も多いです。

 

将棋は始めやすくて長く続けられて、生涯を通じて楽しめる趣味になります。

 

スポンサードリンク

《将棋で遊ぶ趣味》の魅力

《将棋で遊ぶ趣味》の魅力は色々とあります。楽しんでいる人はどのような事に魅力があると思っているのでしょう。

 

  • 将棋は2人の対戦なので完全な実力勝負。
  • 将棋に似たゲームは世界中にあっても相手の取った駒を使えるのは日本の将棋ならでは。
  • 400年以上の歴史がある。
  • 長い歴史があっても解明されない奥深さがある。
  • 良い手が見つかって勝てた時は嬉しい。
  • 老若男女の誰でも楽しめる。
  • ゲームとしておもしろい
  • 駒の動かし方が解れば簡単に始められる。

 

将棋は先を読んで指します。相手より深く読んで勝つことが楽しい魅力です。

 

《将棋が解る魅力が伝わる動画》

 

《将棋で遊ぶ趣味》の楽しみ方

《将棋で遊ぶ趣味》の楽しみ方の一番は、やはり色々な人との対局を楽しむ事です。

 

将棋は2人の対戦なので運の要素はありません。自分の読みか相手の読みが勝っているのか?相手の読みにない意表の手で一気に勝ってしまうのか?とドキドキしながらの対戦がおもしろいです。

 

対戦には、色々な戦法で戦います。自分の得意戦法を持つと更に楽しくなっていきます。得意戦法で勝った時には気持ち良くて満足感も得られます。

 

もちろん相手もその対策の戦法で挑んでくるので、その駆け引きが楽しいのです。

 

まずは、このように将棋の対戦(対局)が最高に楽しいです。そこから本で詰め将棋を楽しんだり、自分のオリジナル戦法を作ったりと色々な楽しみ方があります。

 

《将棋で遊ぶ趣味》の費用

《将棋で遊ぶ趣味》の費用は、基本的にはお金が掛かりません。将棋盤と将棋の駒があれば、将棋仲間と気楽に対戦を楽しむ事ができます。

 

ただ、将棋を上達する為には、書籍などで学ぶ必要はあります。その時には書籍代は1000円程度掛かります。

 

将棋関連の本

 

そして色々な人との対戦を楽しみたいのであれば、将棋道場などに行きます。この時には道場代が1日1000円程度です。

 

将棋盤と将棋駒は、将棋を趣味として楽しむ以上は欲しいところです。安いものはセットで2000円以下からあります。

 

将棋セット

 

ただ高価な物は数十万円もするものもあります。

《将棋で遊ぶ趣味》の始め方

《将棋で遊ぶ趣味》の始め方と上達の仕方は、とにかく将棋の対戦をする事です。

 

まずは、将棋入門の書籍でルールや駒の動かし方を覚えて、それから対戦をしてみましょう。

 

将棋の対戦をできる場所は色々とあります。市区町村の公民館、インターネット対戦、そして1日の席料を払って対戦をさせてくれる将棋道場やサロンなどがあります。

 

席料は1日で1000円前後です。1日遊んで1000円程度ととっても安く遊べます。

 

この道場などで始めると色々な人と対戦をする事ができます。

 

スポンサード リンク

将棋教室で初めてみよう

 

遊び予約/レジャーチケット購入サイト「asoview!(アソビュー)

 

アソビュは全国のレジャーや遊びを体験予約ができるサイトです。レジャーチケットを最安値で予約する事ができるので、とってもお得です。

 

しかも、電話不要でネットで予約ができて、当日買ったらスマホで入場ができてしまう便利さです。

 

遊びの種類は300以上で、体験数は15000以上ものプランがあります。

 

》》》将棋教室で体験してみよう!

将棋関連リンク

将棋で遊ぶ趣味記事一覧

将棋会館の道場で始めて指してみた!は、将棋連盟にある道場で将棋を指した時の体験記です。これから行ってみようかな!と考えている人は参考になればと思います。日本将棋連盟の道場!と言う何か敷居が高いような気がします。ただ、敷居が高い事などありませんでした。席料となる費用を払えば色々な人と将棋を指させてくれる場所!簡単に言えばこのような場所になります。もちろん有段者も大勢います。しかし、ホントに駒の動かし...