サイクリングを楽しむ趣味

サイクリングを楽しむ趣味

サイクリングを楽しむ趣味は、日帰りの自転車旅で草原や低山などを心地よく走って、長距離の走行を楽しむ趣味です。

 

サイクリング

 

サイクリングとは本来自転車で遠乗りをすることを指しますが、これにより日常の休日の中でちょっとした遠出や小さな旅を楽しめるようになります。

 

自分で自転車をこいで走るため、そこにはガイドブックには無い発見があり、お金をかけなくとも日常をしばし忘れられる旅へと出掛けられます。

 

スポンサードリンク

《サイクリングを楽しむ趣味》の魅力

《サイクリングを楽しむ趣味》の魅力は色々とあります。楽しんでいる人はどのような事に魅力があると思っているのでしょう。

 

  • 普段の休日において気軽に小さな旅を楽しめる
  • 自転車で移動するため交通費があまりかからない
  • 日常より少し離れた土地でガイドブックには無い発見を得られる
  • 自ら自転車で移動するため程よい運動になる
  • 自ら計画し、自分の力だけで移動するため自分のペースで楽しめる
  • 様々な行き先を決めることや計画を立てサイクリングを楽しむことで日常にハリが出る

 

《仲間とのサイクリングは楽しそう》

 

《サイクリングを楽しむ趣味》の楽しみ方

《サイクリングを楽しむ趣味》の楽しみ方は、サイクリングにより自分の体力で行ける範囲内でありながら、それ故あまり行くことのないような土地への小さな旅を楽しめるようになります。

 

この小さな旅をより充実したものにするには道路や景観に適度な変化があり飽きずに走れるコースを選ぶことや、食事や飲み物が買いやすくトイレに立ち寄りやすいといったことを押さえるようにします。

 

この他にもコースに車や坂が少ない、犯罪に巻き込まれないよう人家から離れすぎない、路面凍結や落石などがないといった安全面への配慮も重要です。

 

《サイクリングを楽しむ趣味》の費用

《サイクリングを楽しむ趣味》の費用は、サイクリングに向いている自転車はツーリング仕様のタイヤが26インチ以上、タイヤ幅30mm以上のもので、価格は9万円台から20万円台が多数です。

 

高価なものは70万円台や80万円台のものもあります。

 

また専用のシャツは6000円台、ジャケットは6000円台から8000円台、ボトムスは7000円から8000円台、レインパンツは1、2万円程となります。

 

この他にもヘルメットは5000円から6000円程、サイクルグローブは3000円程度などがあります。

 

シューズはペダルと相性の良いスニーカーが向いていますが、底の厚いものやサンダル、ヒールなどは避ける他、靴紐がほどけやすいものも避けるようにします。

 

更に万が一のための自転車保険は3000円台で一括払い1年保証が基本的なコースとなっています。

《サイクリングを楽しむ趣味》の始め方

《サイクリングを楽しむ趣味》の始め方は、サイクリングで小さな旅を楽しむためにはスピードに特化している必要はなく、中低速で直進安定性の良い自転車が向いています。

 

また舗装路用でタイヤは少し太めであることに加え、ハンドルの操作性がよく坂道が楽なギア比のワイドなもの、ある程度の荷物が積めるといったこともポイントとなります。

 

これに加えて実際にサイクリングを楽しむ際には交通ルールとマナーを守り、天候が不向きな日には無理はしないようにします。

 

サイクリングを楽しむことで小さいながらも旅が日常の中でより身近なものとなります。

 

スポンサード リンク

 

 

トップ | アウトドア系趣味一覧