山菜採りを楽しむ趣味

山菜採りを楽しむ趣味

山菜採りを楽しむ趣味は、天然の山菜を散策をしながら採って食べて楽しむ趣味です。

 

山菜採り

 

その季節しか採れないものを食べる喜びを実感できる趣味です。

 

野山に春が訪れると山菜が芽吹き始め、それとともに山菜採りの季節が訪れます。

 

自分で山菜を探し出したときの喜びと、普段食べる野菜とは違う昔ながらの素朴な味わいが楽しめます。

 

春の訪れを五感で感じることが山菜採りの醍醐味です。

 

スポンサードリンク

《山菜採りを楽しむ趣味》の魅力

《山菜採りを楽しむ趣味》の魅力は色々とあります。楽しんでいる人はどのような事に魅力があると思っているのでしょう。

 

  • 自然の中から自分で山菜を見つけ出したときの喜びがある
  • 山中にある山菜に自らの手で触れる、匂いを嗅ぐ、齧るなどして山の自然を五感全てで感じられる
  • 春が訪れた事について山菜採りを通して聞いた話ではなく自分で実感できる
  • 自分で山菜を採る事で山菜について詳しくなる
  • 山菜を天ぷらやおひたし、胡麻和えなどにして食べて味わえる
  • 安らぎある自然回帰が山菜採りを通じて体験できる

 

《山菜採りの魅力が解る動画》

 

《山菜採りを楽しむ趣味》の楽しみ方

《山菜採りを楽しむ趣味》の楽しみ方は、山菜を見つけると嬉しくてつい興奮し、沢山採りたくなります。

 

ただ全部取り尽くしてしまうと次の芽が出なくなってしまうのでほどほどにします。

 

採り過ぎると、山菜採りで生活をしている地元の人に迷惑となるので、自分で食べる分だけを採るようにします。

 

また間違えて毒草を摘んでしまうと食べた時中毒を起こしてしまう危険があります。

 

このため初心者であればガイド付きのホテル等の宿泊プランを利用するか、山菜の取れる農園内で楽しむようにします。

 

山菜料理といえば天ぷらやおひたしですが、この他にも山菜おこわやそば、タンポポの葉のサラダやふきのとうのパスタなどの楽しみ方もあります。

 

《山菜採りを楽しむ趣味》の費用

《山菜採りを楽しむ趣味》の費用は、農園で体験する場合には入園料300円程に加え山菜の持ち帰りが1kgあたり1000円という所があります。

 

またはグラムで100gで150円の所などがあります。

 

この他ガイドの案内と道具のレンタル料込みで一人当たり2000円から4000円程かかる所もいくつかあります。

 

ホテルのプランでは2名1室の1泊2食で1万7500円という所や大人9000円、子ども6000円という所、宿泊費とは別に宿泊している参加希望者のみ700円という所などがあります。
山菜採りに行く際には長袖長ズボン、スニーカー、軍手や帽子といった山歩きに適した服装で行くようにします。

《山菜採りを楽しむ趣味》の始め方

《山菜採りを楽しむ趣味》の始め方は、山菜採りをするには各地区の森林愛護組合から許可証を交付してもらうと可能になります。

 

しかしながら初心者の場合であれば食べられる山菜や毒草を見分けるのが難しいため、ホテルなどで行っている山菜採りプランに参加するといいです。

 

このプランであればプロが様々な山菜を紹介してくれます。

 

この他にも農園によってはガイドをつけて体験できるようになっている所もあります。

 

ホテルのプラン、農園ともども事前に予約を入れてから行くようにします。

 

スポンサード リンク

遊びの体験!

体験なら気楽にできる!?まずはやってみよう!

北海道から沖縄まで、日本全国のレジャーを約300種類・15,000プラン取り揃えた遊び・体験の予約サイト

日本最大級のレジャー・体験・遊びの予約サイト あそびゅー!


じゃらんの遊び・体験!アウトドア、マリンスポーツ、レジャー、クラフト・工芸体験など国内の遊び・体験予約

体験ツアー予約 じゃらん


「そとあそび」は、初心者が楽しむことのできるアウトドアレジャー情報検索・予約サイト

レジャー・アクティビティの予約サイト「そとあそび」


日本全国の様々なアウトドアアクティビティ・文化体験を予約できる

国内アウトドアアクティビティ・文化体験の予約はアクティビティジャパン

 

 

トップ | アウトドア系趣味一覧