うどんを打って楽しむ趣味

うどんを打って楽しむ趣味

うどんを打って楽しむ趣味は、材料から自分で厳選して、そしてうどんを打って食べる事を楽しむ趣味です。

 

うどん

 

うどんと一口に言ってもその食べ方は様々です。

 

例えば、冷やしうどんに大葉とすりごまなどのうどんも美味しいですし、煮込みうどんにしたり、釜揚げうどんにしたりとその食べ方は色々です。

 

このように自分で打ったうどんを様々な食べ方で楽しむ趣味です。

 

うどんは手軽に昼食をとりたい人などには人気で、そばとうどんはその意味で双璧の人気ぶりです。

 

うどんという食べ物自体は日本人にはとてもなじみ深いので、チェーンのうどん屋さんなんかもホントに良く繁盛しています。

 

こんな普通のお昼ごはんなどでも人気のうどんは、お店で食べるものというイメージがあります。

 

しかし、そのうどんを自分で手打ちにして、自宅に居ながらにして作り立ての手打ちうどんを味わって楽しもうと言う面白さがあります。

 

食べ方は温かいものや冷やして食べるのが基本です。

 

他にも釜ぬきというゆでたてのうどんに生卵などをかけて食べるシンプルな食べ方や、そのアレンジもできので変化に富んだ味わいを楽しめる趣味になります。

 

スポンサードリンク

《うどんを打って楽しむ趣味》の魅力

《うどんを打って楽しむ趣味》の魅力は色々とあります。楽しんでいる人はどのような事に魅力があると思っているのでしょう。

 

  • 自宅に居ながらにして打ちたてのうどんを食べられる
  • きつねやたぬきの他、梅おろしやカレー、釜玉など変化に富んだアレンジができる
  • 作り続けるうちに上手く打てるようになると嬉しい
  • 胡麻や一味などを練り込み、うどんそのもののアレンジも楽しめる
  • 自分で作ったうどんを食べると達成感も加わりよりおいしく味わえる

 

《うどんの打ち方ダイジェスト》

 

《うどんを打って楽しむ趣味》の楽しみ方

《うどんを打って楽しむ趣味》の楽しみ方は、とにかく自分で打ったうどんを食べる事を楽しみます。

 

手打ちうどんというと足で踏んで作る事が知られていますが、うどんのレシピによっては踏む必要のない手こねうどんやオーブンレンジのパン作り機能を利用して作るものもあります。

 

いずれの場合であれ、自分で作ったうどんはお店で食べるものとは味わいが違い、そのおいしさを改めて感じられるようになります。

 

また作り続けても定番のきつねやたぬきに加えカレーや力うどん、梅おろしやサラダうどんの他、ゆでたてにそのまま卵をかけて釜玉にして食べるなど飽きずに楽しめるものとなります。

 

《うどんを打って楽しむ趣味》の費用

《うどんを打って楽しむ趣味》の費用は、はかりや計量カップ、ボウルや包丁などは家庭にあるものをそのまま使えます。

 

しかし本格的なうどん打ちのはかりは2kgまで計れるもので4000円台から7000円台が目安です。

 

更に計量カップも1000mlまで計れるものが適していて600円台から1000円台となります。

 

この他にも本格的なうどん打ち道具のセットは1万円前後、ベニヤ板は90cm四方で5mm程の厚さのものが3000円、滑り止めシートは500円前後が目安です。

《うどんを打って楽しむ趣味》の始め方

《うどんを打って楽しむ趣味は》の始め方は、必要な道具は計量用のはかりとカップ、大きめのボウル、めん棒、包丁、まな板、ラップ、粉をふるうザル、ベニヤ板とベニヤ板やボウルの下に敷く滑り止めシート、うどんを入れる密閉容器などです。

 

材料はレシピによりますが、強力粉あるいは中力粉、水、塩、コーンスターチを用意します。

 

一方で本格的に作る場合には、こね鉢、麺台、麺切り包丁、こま板、粉用ブラシを用意します。

 

作り方としては材料をボウルに入れてこね、めん棒で伸ばしてしばらく寝かせた後、包丁で切り15分から20分ゆでて出来上がります。

 

うどんは食事向けのものとされるのが一般的ですが、黒蜜きな粉うどんあるいは、マンゴーやココナッツミルクを合わせたマンゴーココナッツうどんなど、スイーツとしても楽しめるものとなります。

 

スポンサード リンク