そば作りを楽しむ趣味

そば作りを楽しむ趣味

そば作りを楽しむ趣味は、自分でそば粉の選定から作って食べるまでを楽しむ趣味です。

 

そば作り

 

お蕎麦というものは、地域のそば屋や立ち食いそばなどで、普段の生活に根ざしていてなじみがあるものです。

 

そんなお蕎麦ですが、手打ちそばとなると普段のものよりもやや高級なものとなります。

 

そういった手打ちそばを自分で作る事で普段食べ慣れているそばの奥深さに触れられる事に加え、ビタミン群やカリウム、ルチンなど様々な栄養素を含み健康に良いそばを食べる機会が増えるようになります。

 

美味しいお蕎麦を自分好みのそば粉を使って、自分で作ったお蕎麦を食べる趣味はなんとも奥深く楽しいものです。

 

スポンサードリンク

《そば作りを楽しむ趣味》の魅力

《そば作りを楽しむ趣味》の魅力は色々とあります。楽しんでいる人はどのような事に魅力があると思っているのでしょう。

 

  • 自分でそばを作る事でその奥深さに触れられるようになる
  • 作りたてのそばを自宅にいながら味わえる
  • 体に良い栄養素を豊富に含んだそばを食べる機会が増える
  • 作ったそばは季節によって温かくしても冷たくしても楽しめる
  • 何回も作り続け上手にそばを作れるようになると嬉しい
  • 慣れてきたら自分好みの配合など独自のこだわりを楽しめるようになる

 

《名人のそば打ちを見てみよう》

 

《そば作りを楽しむ趣味》の楽しみ方

《そば作りを楽しむ趣味》の楽しみ方は、普段の生活でなじみ深いそばを、改めて自分好みのそばを作って楽しむ事です。

 

配合や水分量、季節などの微妙な違いにより出来上がりが異なってきますが、この違いが難しさであり面白さででもあります。

 

お蕎麦作りは、シンプルでありながら奥深さを感じさせるものとなります。

 

そば作りというと、めん棒で薄く伸ばす所や包丁で麺を細く切る所がクローズアップされがちですが、そば粉に水を加える水回しや練り、仕上げにゆでて盛りつける全行程が面白さになります。

 

出来上がったそばは、シンプルなもりそば以外にも天ぷらそばやおかめそば、カレー南蛮など様々にアレンジすると飽きずに楽しめるようになります。

 

《そば作りを楽しむ趣味》の費用

《そば作りを楽しむ趣味》の費用は、そば作りのこね鉢は3000円台からありますが、本格的なものとなると1万円台が多数です。

 

めん棒は6000円から1万2000円、ハケは3000円前後、ふるいは1000円台から3000円台、そば切り包丁は2000円台から8000円台、こま板は2000円台から7000円台が目安です。

 

この他手打ちそばの作り方の本は1500円前後が多数です。

《そば作りを楽しむ趣味》の始め方

《そば作りを楽しむ趣味》の始め方は、そば作りの道具にはこね鉢、めん棒、ハケ、ふるい、そば切り包丁とこま板があります。

 

専用の道具を揃える事で失敗が少なく作りやすくなります。

 

しかしながらのし台や切り板はテーブルや大きめの板でも使えるため、初めのうちでもこれらは代用できます。

 

つなぎの小麦粉を使わない十割そばは風味が良いものの難しいため、初心者は八割そばの方が始めやすい他、材料は正確に計量して作るようにします。

 

そば湯にはそばに含まれる水溶性ビタミンなどの栄養素が豊富に含まれているため、最後にそば湯を飲む事で作る所から味わう事までまるごとそばを堪能できるようになります。

 

スポンサード リンク

 

 

トップ | 飲食系趣味一覧