日本酒を楽しむ趣味

日本酒を楽しむ趣味

日本酒を楽しむ趣味は、日本全国の土地にはその土地の料理と合うように様々な日本酒があり、その土地ならではの味わい豊かな日本酒を飲んで楽しむ趣味です。

 

日本酒

 

ワインやビールは定番人気の一方で日本酒は二日酔いしそう、何となく親父くさい、難しそう、といったイメージから日本の良さが見直される時代にありながらあまり人気が伸びないという一面があります。

 

しかしながら日本酒は和らぎ水と一緒に飲めば二日酔いを避けられる他、自分の土地のものを食べるマクロビオティックの考え方に通じ、更には水や炭酸水で割るなど自由な飲み方も楽しめるものとなります。

 

日本酒は温めたり冷やしたり、そして常温でも楽しめたりと世界のお酒の中でも特徴的です。

 

色々な飲み方が出来るのも日本酒ならではの楽しめる趣味になります。

《日本酒を楽しむ趣味》の魅力

《日本酒を楽しむ趣味》の魅力は色々とあります。楽しんでいる人はどのような事に魅力があると思っているのでしょう。

 

  • ワインのマリアージュのように様々な食べ物との相性を楽しめる
  • 一般的に飲む量で比較すれば他のお酒よりも摂取する糖質が少なめになり太りにくい
  • 日本の土地のものを口にするためマクロビオティックの観点から日本人の体に合っている
  • 熱燗、常温、冷酒の他、水や炭酸で割るというように様々な飲み方を楽しめる
  • 銘柄によって香り高いものやふくよかな香りのもの、軽い口当たりや濃厚な味わいのものなどそれぞれの個性を楽しめる
  • お洒落なデザインのボトルも様々にあり、ジャケ買いで選ぶ楽しさもある

 

《日本酒の魅力》

 

《日本酒を楽しむ趣味》の楽しみ方

《日本酒を楽しむ趣味》の楽しみ方は、日本酒というとどことなく気難しいようなイメージがあり、若い世代などはあまりなじみがないと近寄りがたいということがあります。

 

しかしながら本来であれば徐々に濃厚な日本酒に切り替えるといったパターンにとらわれる必要はなく、濃厚なお酒を水割りにする、炭酸水で割るなど自由に味わえるものです。

 

またワインのようにマリアージュを楽しむ、お洒落なデザインのボトルをジャケ買いする、日本酒のイベントで行われる試飲会に参加するなど様々な楽しみ方ができます。

《日本酒を楽しむ趣味》の費用

《日本酒を楽しむ趣味》の費用は、日本酒になじみがない人でも飲みやすい宮城県産伯楽星純米吟醸やフレッシュな果実のような風味の福島県産会津娘芳醇純米酒一火はそれぞれ一升2940円、それ以外の様々な地酒も2000円台から4000円台が多数です。

 

またCMで知られる低アルコール発砲清酒の「澪」は300mlで475円となります。

《日本酒を楽しむ趣味》の始め方

《日本酒を楽しむ趣味》の始め方は、日本酒は学生時代に無理矢理飲まされたなどの事から二日酔いするイメージがありますが、適量を守る、質の悪い日本酒は避けるなどにより二日酔いしにくくなります。

 

しかしながらどうしても二日酔いが気になる場合には、和らぎ水と呼ばれる普通の水とともに飲む事で二日酔いを避けられるようになります。

 

お店で日本酒を頼む場合には「何かおいしいお酒を」といった曖昧な頼み方ではなく、香りは高めかふくよかなものか、味わいは濃厚か軽やかかなど自分の好みを伝えるようにします。

 

また何かと辛口が良いように思われている所がありますが、料理との相性は甘口の方が良いためとらわれずに楽しむようにします。