色鉛筆画を描いて楽しむ趣味

色鉛筆画を描いて楽しむ趣味

色鉛筆画を描いて楽しむ趣味は、鉛筆感覚で手軽に描けるのが特徴です。また色鉛筆特有の細密な絵を描けるのも色鉛筆ならではの楽しさです。

 

色鉛筆画

 

色鉛筆画は名前の通り色鉛筆で描く絵の事です。色鉛筆の特徴としては、鉛筆なので筆とは違ってとても扱い易いです。そして線が細いなどがあります。

 

また色鉛筆はとてもカラフルなので、キレイで繊細でワクワクする絵が描けます。

 

色鉛筆画はカラフルなだけではなく、柔らかで温かな描写から、描き込んだ力強い作品まで、色鉛筆画の奥深い表現力を楽しむことができる趣味になります。

 

スポンサードリンク

《色鉛筆画を描いて楽しむ趣味》の魅力

《色鉛筆画を描いて楽しむ趣味》の魅力は色々とあります。楽しんでいる人はどのような事に魅力があると思っているのでしょう。

 

  • 色鉛筆は手軽なので画用紙があればすぐに描ける
  • 色鉛筆はたくさんの色があるので楽しくなる
  • 繊細な線を重ねる事で奥深い絵を描ける
  • 身近な画材なのでいつでも描ける
  • 美しい絵になる
  • 筆と違って手入れが楽

 

《色鉛筆画の魅力が解る動画》

 

《色鉛筆画を描いて楽しむ趣味》の楽しみ方

《色鉛筆画を描いて楽しむ趣味》の楽しみ方は、色の種類が多いので見ているだけでもワクワク感の楽しさはあります。

 

中にはセットで200種類を超える色鉛筆などもあります。

 

この色の多さが楽しさでもありますが、更にたくさんの色があるにも関わらず、一箇所に1色で描くのではなくて、色を重ねて描いていく事も楽しさです。

 

それは微妙な表現が出来るからです。

 

色鉛筆画は難しい技法ではありません。大事なのは筆圧のコントロールでグラデーション(濃淡)やタッチ(表現法)の質感を出します。

 

色鉛筆の一色で、明暗や質感を、タッチと筆圧で表現します。それを更に多色を使って表現するので、表現方法は広がっていきます。

 

きっちり精巧に描き込んでいけば、写真のような絵も描けますし、色鉛筆特有の淡く優しい絵も描けるのが楽しみになります。

 

《色鉛筆画を描いて楽しむ趣味》の費用

《色鉛筆画を描いて楽しむ趣味》の費用は、通信講座は44,000円くらいします。

 

スクールは友達ができるメリットはありますが、月謝などは掛かります。通信講座とスクールを比べると、費用的にはスクールの方が掛かります。

 

色鉛筆画の描き方教室 通信講座系・イラスト徹底サポート教材

 

ただ、必要な道具は色鉛筆だけで、それも36色くらいなら安いものは1000円ちょっとくらいです。おススメしているのは3000円以上するものですが、それにしても必要な画材が3000円くらいで揃うのは安いです。

 

色鉛筆 36色

 

学ぶ方法も、書籍などを使えば1000円から2000円程度なので、費用は掛からないで楽しめる趣味と言えます。

《色鉛筆画を描いて楽しむ趣味》の始め方

《色鉛筆画を描いて楽しむ趣味》の始め方は、必要なものは多くはないので始めやすいです。

 

色鉛筆と画用紙などの筆記具だけです。後は、色鉛筆画を学ぶ入門書があれば学びながら始める事が出来ます。

 

》》》色鉛筆画の書籍!

 

通信講座やスクールなどで学べばきっちりと始めることができます。

 

》》》色鉛筆画関連の教室!

 

自宅に居ながら学べるネットスクールなどもあるので、とても便利で本格的に学べる方法もあります。

 

色鉛筆画趣味を始めてみましょう。

 

スポンサード リンク

色鉛筆画を描いて楽しむ趣味記事一覧

色鉛筆画を始めましょう。ではどうやって始めるのかを案内します。色鉛筆画と一口に言っても、水彩色鉛筆と油性色鉛筆があります。水彩色鉛筆は、始めは普通の色鉛筆のように描いても、その後に水を垂らしたりする事で水彩画になる色鉛筆です。ファーバーカステル(FABER-CASTELL)水彩色鉛筆 36色セット油性色鉛筆は、いわゆる普通の色鉛筆です。三菱鉛筆 ユニカラー色鉛筆 36色まずは、色鉛筆がないと内にも...