これなら出来る!色鉛筆画の始め方

色鉛筆画の始め方

色鉛筆画を始めましょう。ではどうやって始めるのかを案内します。

 

色鉛筆画と一口に言っても、水彩色鉛筆と油性色鉛筆があります。水彩色鉛筆は、始めは普通の色鉛筆のように描いても、その後に水を垂らしたりする事で水彩画になる色鉛筆です。

 

ファーバーカステル(FABER-CASTELL)水彩色鉛筆 36色セット

 

油性色鉛筆は、いわゆる普通の色鉛筆です。

 

三菱鉛筆 ユニカラー色鉛筆 36色

 

まずは、色鉛筆がないと内にも始められないので色鉛筆を用意します。ここでは、普通の色鉛筆で良いです。

 

この時に、選び方としては色の数と単色でも買えるものを選びます。

 

色の数は36色くらいが使いやすいです。色が少ないと色鉛筆画を楽しむにはつまらないですし、多すぎても使いこなせないです。またかなり高価にもなってきます。

 

その意味で、36色くらいが使いやすい色数です。

 

もちろん、たくさんの色鉛筆を用意できる人は、50色でも100色でも良いです。

 

次に、単色でも売っているものにしましょう。

 

36色あっても良く使う色は決まってきます。その時に同じメーカーの同じ色鉛筆で買い足す為です。

 

ここで違うのを買ってしまうと、同じ色なのにまったく違う色に感じてしまうからです。例えば、同じ赤でも、使い慣れた赤と新しい赤は別な色に感じてしまうのです。

 

なので、同じ種類で買い足す為に、単色でも売っているものが良いです。

 

色々な色鉛筆を見てみる

・ヤフーショッピングの色鉛筆
・楽天市場の色鉛筆
・アマゾンの色鉛筆 

 

◆購入の際は、水彩画色鉛筆と間違わないようにして下さいね。

ネットスクールとは

次に、色鉛筆画の描き方を学ぶ方法ですが、今はホントに良い世の中になって、ネットで教わる事ができます。

 

それが、1日10分で絵の描き方が上達!基礎から学べるアートレッスン!です。

 

スクールに通うより割安ですし、自宅で学べるものメリットです。それでいてしっかりと学べるので活用したい学びの方法です。

 

タイミングが良ければ無料体験もあるので、一度やってみるもの良いです。

 

自宅で学ぶ

自宅で学ぶ方法としては、やはり書籍で学ぶのが一般的です。

 

ただ、色鉛筆画はたくさんの書籍があるので、2冊3冊読みながらチャレンジすれば、しっかりと描けるようになるでしょう。

 

 

こんな初心者向けの書籍が色々とあります。

 

・楽天市場の色鉛筆画書籍
・アマゾンの色鉛筆画書籍  
・ヤフーショッピングの色鉛筆画書籍 

 

色鉛筆画は、費用は比較的掛からないで楽しめる趣味です。

 

また、道具を用意するのも、片付けるもの簡単なので、とっても気楽に始められる趣味です。

 

ぜひ、チャレンジしてみましょう。

 

スポンサード リンク

 

 

トップ | 絵画系趣味一覧