書く・詠む系趣味一覧

書く・詠む系趣味を楽しもう

言葉や文字が豊かな日本語では、ものを書く!という趣味は、とても魅力的な趣味ばかりです。

 

また詠む系の趣味は、日本的なわびさびの世界観や奥深さを感じる事ができる趣味などがたくさんあります。

 

スポンサードリンク

書く・詠む系趣味一覧

俳画をかく

俳句を詠う

ポエムを書く

俳画 

俳句 

ポエム 

自分史を書く

書道を楽しむ

川柳を書く

自分史 

書道 

川柳 

小説を書く

童話を書いて楽しむ

短歌を詠う

小説 

童話 

 

百人一首を楽しむ

 

 

百人一首 

 

 

スポンサード リンク

書く・詠む系趣味一覧記事一覧

俳画を書いて楽しむ趣味は、多くの言葉でないと表現できないような事柄を、短い句と簡素な絵で伝えようとするものです。日本人感覚の余白で伝えるような『わびさび』の世界観がある趣味です。日本人独特の伝統的な感覚を味わう事ができます。それは、『わび』『さび』『もののあわれ』などの、余白から伝えようとするものです。この感覚は日本人の奥ゆかしさを感じられるものです。また俳画は、わずかな運筆と省略といった方法伝え...

俳句を詠って楽しむ趣味は、自分の感性や感情を五七五の短い言葉の中で表現する事を楽しむ趣味です。俳句のルールとしては、五七五で作る事と、季語を一つだけ入れるという事です。季節を表す季語の言葉を入れて表現し、十七音を基本とする短詩型の文芸です。自分の感じた事を、短い言葉の中で表現すると言う日本人らしい楽しみを持つ趣味です。俳句は三句十七音という限られた文字数の中に、自然や四季を表現して詠みます。そして...

自分史を書いて楽しむ趣味は、自分の生涯や半生を文章化して楽しむ趣味です。自分だけが書ける自分の人生を改めて振り返る事の出来る趣味になります。成功者の生涯の事業や事績を記録した立志伝と言うのはあります。しかし、自分には自分だけが通ってきた人生と言う道があります。誰にも負けない誰にもマネの出来ない人生がそこにはあります。人生には節目節目に色々な事があったはずです。この思い考えたり、悩んだり、嬉しかった...

川柳を詠んで楽しむ趣味は、世界で最も短い庶民による文芸で、俳句と同様に五七五の短い語句で詠んで楽しむ趣味です。その内容は、季語や叙情性にとらわれることがないものの、物事を深くえぐり人情の機微を上手く表現する穿ち、肩に力の入っていない軽み、そして自然な笑いを呼び起こす滑稽の3つを要素とします。俳句より気軽でありながらも川柳は極めようとすれば奥が深いものですが、身の回りのことをテーマにして五七五で書く...

童話を書いて楽しむ趣味は、自分で考えて童話を書いていく趣味です。童話は、幼い頃に誰もが親しんだ事があると思います。それを大人になってから読み返すと、その当時とは違った新鮮な印象が得られる事が多くあります。そういった童話の面白さに魅せられると、今度は自分の中にある物語を童話にして表現してみたいという気持ちが表れる事もあります。こうして童話を書く事により、自分の中にある物語が形あるものとなり読む人を楽...

書道を楽しむ趣味は、毛筆を使って文字を書いていきますが、本当にキレイな文字は芸術といえるくらい美しいです。そんな美しい文字を探求していく楽しさがある趣味です。書道とは毛筆を使って文字を書く芸術で、中国文化圏で古くから発達しましたが日本においては仮名文字が作られた事に関連して独自のものへと発展しました。このような歴史と伝統がある一方で、自宅にていつでも取りかかれる他、気分を落ち着かせてリフレッシュで...

小説を書くことを楽しむ趣味は、作者である自分の構想を空想の人物や事件、社会を描いて形にする事を楽しめる趣味です。小説とは文学の一形式で、自由な方法とスタイルによって不特定多数の読者に向けて、人間や社会について描く様式をいいます。最近ではインターネットの普及により、ブログなど自作の小説を気軽に発表できる場が増えjました。誰もが自分の作品を読んでもらえる機会を得やすくなっているので、自分の頭の中にある...

百人一首を楽しむ趣味は、百人一首は、わずか三十一文字に詠み人が詠んだ和歌で、選りすぐりの100人の歌人が千年もの前に詠まれたものを学んだりして楽しむ趣味です。百人一首とは代表的な歌人100人の歌を一首ずつ集めたもので、鎌倉時代に藤原定家が小倉山の別荘で撰したとされる小倉百人一首が一般的に知られていますが、かるたとして遊びになったのは江戸時代以降です。百人一首は現在において競技かるたとして幅広い人々...