小説を書くことを楽しむ趣味

小説を書くことを楽しむ趣味

小説を書くことを楽しむ趣味は、作者である自分の構想を空想の人物や事件、社会を描いて形にする事を楽しめる趣味です。

 

小説

 

小説とは文学の一形式で、自由な方法とスタイルによって不特定多数の読者に向けて、人間や社会について描く様式をいいます。

 

最近ではインターネットの普及により、ブログなど自作の小説を気軽に発表できる場が増えjました。

 

誰もが自分の作品を読んでもらえる機会を得やすくなっているので、自分の頭の中にある物語を作品に仕上げて楽しむ趣味になります。

 

スポンサードリンク

《小説を書くことを楽しむ趣味》の魅力

《小説を書くことを楽しむ趣味》の魅力は色々とあります。楽しんでいる人はどのような事に魅力があると思っているのでしょう。

 

  • 小説を書く事により自己表現ができる
  • ブログでの発表や雑誌に掲載されるなどで自分の作品を誰かに読んでもらえるとやりがいを感じられる
  • 小説を書く事により自分の世界観が広がる
  • 自分の書いた小説を読んだ人に良い作品であると言ってもらえると嬉しい
  • 様々な小説の賞を目指す目標が持てる
  • 紙とペン、あるいはパソコンと文書作成ソフトがあればいつでも書ける

 

《小説の書くコツ》

 

《小説を書くことを楽しむ趣味》の楽しみ方

《小説を書くことを楽しむ趣味》の楽しみ方は、自分の頭の中にある物語を二転三転しながら起承転結で完成させる事です。

 

そして、その作品を他の人に読んで貰って楽しんで貰う事が自分の楽しさにもなります。

 

小説を書くためのマニュアル本が様々あります。

 

ただ、あまりそれらにとらわれてしまうと形式をなぞっただけで、本来の小説とはかけ離れてしまうので、なるべく自分なりの言葉や表現で書く事が大切です。

 

アイディアは後の作品のためにとっておくような事はせず、出し惜しみをしないで盛り込んだ方が良い作品ができあがります。

 

その方が、次の作品に気持ちを切り替えて臨めるようになります。

 

自分の書いた小説を読者が評価してくれる事は、小説を書く際の醍醐味です。

 

書く事により自分の世界観もまた広がるのも楽しみとなります。

 

《小説を書くことを楽しむ趣味》の費用

《小説を書くことを楽しむ趣味》の費用は、単純に書くだけという場合や自身のブログやホームページで掲載するには費用は掛かりません。

 

雑誌などに作品を応募するなどの場合も、特別な費用は掛からないです。

 

カルチャーセンターで小説を学ぶ時は、小説講座は週1回合計6回で2万円台が目安です。

 

また多くの有名作家を輩出した東京お茶の水にある文藝学校では、通学する場合には入学金1万円で全10回の授業料2万5000円、通信教育の場合1年間で入学金5000円、受講料4万8000円となります。

《小説を書くことを楽しむ趣味》の始め方

《小説を書くことを楽しむ趣味》の始め方は、小説自体は紙とペン、あるいはパソコンと文書作成ソフトがあれば書けます。

 

作品発表の場としては自身のブログやホームページなどもありますし、自分のジャンルに合った文芸誌に投稿するという方法があります。

 

投稿先の例としては綿矢りさを輩出した「文藝」をはじめ宮部みゆきを輩出した「オール讀物」の他、公募専門の雑誌である「公募ガイド」で紹介されている文学新人賞などがあります。

 

また独りよがりにならないよう学校で書き方を習う場合には、カルチャーセンターや社会人向けの小説学校などで学べます。

 

自分の作品を読んで貰う事に喜びを感じるなら、今の時代はブログでも何でも発表することはできます。

 

ただ、作品を発表して小説の賞をとる事を夢にしたり目標にしても趣味としてはステキです。

 

ぜひ、オリジナルの作品を小説にするような楽しい趣味を始めてみましょう。

 

 

スポンサード リンク