川柳を詠んで楽しむ趣味

川柳を詠んで楽しむ趣味

川柳を詠んで楽しむ趣味は、世界で最も短い庶民による文芸で、俳句と同様に五七五の短い語句で詠んで楽しむ趣味です。

 

川柳

 

その内容は、季語や叙情性にとらわれることがないものの、物事を深くえぐり人情の機微を上手く表現する穿ち、肩に力の入っていない軽み、そして自然な笑いを呼び起こす滑稽の3つを要素とします。

 

俳句より気軽でありながらも川柳は極めようとすれば奥が深いものですが、身の回りのことをテーマにして五七五で書くため、子どもから大人まで幅広い層で楽しむことができるものとなります。

 

スポンサードリンク

《川柳を詠んで楽しむ趣味》の魅力

《川柳を詠んで楽しむ趣味》の魅力は色々とあります。楽しんでいる人はどのような事に魅力があると思っているのでしょう。

 

  • 身の回りの物事や人について書くため、いつでもできる
  • 季語や叙情性のような難しい事を考える必要が無い
  • 川柳は特別な道具がなくとも書くことができる
  • 外来語を採り入れても良いため、気軽に書くことができる
  • 川柳を書くという視点を持つことで、普段の生活に様々な人生の機微を見ることができるようになる
  • 川柳大会に応募するという目標ができる

 

《おもしろい川柳の動画》

 

《川柳を詠んで楽しむ趣味》の楽しみ方

《川柳を詠んで楽しむ趣味》の楽しみ方は、川柳は俳句のように季語にとらわれることなくいつでも気軽に書くことができます。

 

また身の回りのことをテーマにできるため、世の中の様々な事柄について書くことができます。

 

このような気軽さがある一方で、川柳を書く際にはリアリズムを捉え、ウィットに富み、滑稽さも盛り込む必要が有るため、極めようとすれば奥が深いものになります。

 

《川柳を詠んで楽しむ趣味》の費用

《川柳を詠んで楽しむ趣味》の費用は、川柳を書くだけであれば特に道具はいらないため、費用はかかりません。

 

一方で本格的に川柳について指導を受けたいという場合、大手の通信講座では2万円前後の費用がかかります。

 

またカルチャースクールに通う場合は6ヶ月6回で1万5000円や7回で1万8000円などが目安です。この他、川柳大会に応募する場合には1000円程の投句費かかります。

 

川柳を書くという視点から生活を見返すと、どんなにささやかな物事でもテーマにできるため、日々の生活がいきいきして見えるようになります。

《川柳を詠んで楽しむ趣味》の始め方

《川柳を詠んで楽しむ趣味》の始め方は、川柳といえば人間のおかしみを表現するイメージがありますが、それを弱者には向けず嫌味な表現になってしまうことは避けるようにします。

 

加えて読む人に嫌悪感や下品な印象を与えないようにし、親しみやすさや和やかさを目標とします。

 

この他家族のような親しい間柄であれ、洒落ているつもりでも無作法やぶしつけな表現では読んだ人に不快感を与えてしまいます。

 

このため暗いものや自虐的なもの、厭世的なテーマは避け、明るく建設的で前向きな生き方をテーマに選びます。

 

こういったことからはじめのうちは好きなものをテーマにすると書きやすくなりますが、仲間内以外にも理解を得られるような一般性を大切にします。

 

スポンサード リンク

 

 

トップ | 書く詠む趣味関連一覧