書道を楽しむ趣味

書道を楽しむ趣味

書道を楽しむ趣味は、毛筆を使って文字を書いていきますが、本当にキレイな文字は芸術といえるくらい美しいです。そんな美しい文字を探求していく楽しさがある趣味です。

 

書道

 

書道とは毛筆を使って文字を書く芸術で、中国文化圏で古くから発達しましたが日本においては仮名文字が作られた事に関連して独自のものへと発展しました。

 

このような歴史と伝統がある一方で、自宅にていつでも取りかかれる他、気分を落ち着かせてリフレッシュできるため最近では若い女性などによりその魅力が再評価されています。

 

書道

 

書道とは少々違いますが、中国の人が水でサラサラと道路に文字を書いたりしているのをテレビで見たりしますが、これって本当にすごいと思いませんか?

 

まさに文字の芸術です。こんな文字が書けたら素敵ですね。

 

スポンサードリンク

《書道を楽しむ趣味》の魅力

《書道を楽しむ趣味》の魅力は色々とあります。楽しんでいる人はどのような事に魅力があると思っているのでしょう。

 

  • 文字をゆっくりと丁寧に書く事の大切さを改めて実感できる
  • 文字を書く際に気持ちを落ち着けて自分とじっくり向き合えるようになる
  • 練習を重ねる事で魅力的な文字を書けるようになる
  • 流麗な字、力強い字、暖かみのある字を書く、あるいは好きな言葉を文字にする事により自己表現ができる
  • 年賀はがきや慶弔袋などに慣れた字で表書きを書けるようになる
  • 書道の道具があればいつでも自宅で思い立った時に取りかかれる

 

《文字の美しさが解る動画》

 

《書道を楽しむ趣味》の楽しみ方

《書道を楽しむ趣味》の楽しみ方は、書道には書き方のクセがまだついていない子供のうちからはじめるのが良いという考え方が広くあります。

 

しかしながら自分自身を見直す、自分の名前くらいは上手く書きたい、心を落ち着かせる時間が欲しいなどのような趣味であれば子供からお年寄りまでいつでも始められます。

 

またパソコンやスマートフォンで文字を打つ事が多くなった現代において筆で書く事により文字をじっくりと丁寧に書く事の大切さが感じられる他、暖かみや力強さなどその人らしさが文字に表れることも面白いものです。

 

この他にも道具があればいつでも思い立った時に取りかかれるため、伝統的でありながら普段の生活において気軽に楽しめる趣味となっています。

 

《書道を楽しむ趣味》の費用

《書道を楽しむ趣味》の費用は、初心者であれば4号から5号くらいの大筆は600円台から800円台、小筆は400円台から600円台程が目安です。

 

また初めのうちは墨ではなく墨液で十分であり300円台から700円台程で、水差しはスポイトが使いやすく400円程となります。

 

更に初心者向けの硯は500円台から1000円台、機械漉きの半紙は100枚入り500円程、書道用下敷きは500円台から1000円台です。

 

文鎮は300円前後で購入できますが好みの形のものを自由に選んでも良く、筆置きと兼用になっているものもあります。

《書道を楽しむ趣味》の始め方

《書道を楽しむ趣味》の始め方は、書道は紙の下に敷く下敷きをはじめ半紙や文鎮、墨液や水を差す水滴、硯や墨、大筆や小筆、筆置きの基本10種類を揃えれば始められるため習い事の中ではお金があまりかからないものとなります。

 

これに加えて専用のテキストを買う、書道教室に通って習うといった方法もあります。

 

きれいな文字が書けるようになる事も良いですが、書道の本当の魅力は自分自身の味のある文字を書けるようになる事にもあります。

 

スポンサード リンク