百人一首を楽しむ趣味

百人一首を楽しむ趣味

百人一首を楽しむ趣味は、百人一首は、わずか三十一文字に詠み人が詠んだ和歌で、選りすぐりの100人の歌人が千年もの前に詠まれたものを学んだりして楽しむ趣味です。

 

百人一首

 

百人一首とは代表的な歌人100人の歌を一首ずつ集めたもので、鎌倉時代に藤原定家が小倉山の別荘で撰したとされる小倉百人一首が一般的に知られていますが、かるたとして遊びになったのは江戸時代以降です。

 

百人一首は現在において競技かるたとして幅広い人々に支持されている他、小中高校の授業に取り入れられる、競技かるたが漫画のテーマとなり人気を集めるなど多くの人に親しまれるものとなっています。

 

スポンサードリンク

《百人一首を楽しむ趣味》の魅力

《百人一首を楽しむ趣味》の魅力は色々とあります。楽しんでいる人はどのような事に魅力があると思っているのでしょう。

 

  • 古くから受け継がれてきた日本の伝統的な和歌に触れる機会を得られる
  • 百人一首の歌を堪能する事で平安、鎌倉時代に生きた人々に対する想像力を巡らせられる
  • 百人一首を暗記する事により頭の体操になる
  • 絵札を見ながらその歌を詠んだ人に思いを巡らせられる
  • 和歌を味わう事に加え、かるた遊びとしても楽しめる
  • 競技かるたで昇段を目指す目標ができる

 

《百人一首の初心者》

 

《百人一首を楽しむ趣味》の楽しみ方

《百人一首を楽しむ趣味》の楽しみ方は、学校の授業などで習ったという人も多い百人一首は、鎌倉時代の代表的な歌人による和歌がまとめられたもので四季の移ろいや恋心、世を憂う気持ちなど現代にも通じるテーマが歌われています。

 

そういった百人一首に親しむことでその時代に想像力を巡らせられる他、歌そのものを暗記する事により頭の体操にもなります。

 

更に百人一首のかるた遊びを楽しむ、競技かるたで昇段を目指すというように様々な楽しみ方ができるようになっています。

 

《百人一首を楽しむ趣味》の費用

《百人一首を楽しむ趣味》の費用は、小倉百人一首のかるたは1000円台から3000円台が一般的です。

 

高級なものになると厚みがあり絵札も奇麗で5000円台から1万円台程になります。

 

また百人一首の解説本と覚え方のハウツー本はそれぞれ700円台から1000円台、かるた会の入会費は月額500円から1000円台が目安です。

《百人一首を楽しむ趣味》の始め方

《百人一首を楽しむ趣味》の始め方は、百人一首かるたを購入しその歌の良さを味わう、解説付きの本を購入して意味を理解しながら良さを感じるなどして自分の楽しみやすい方法で和歌に触れるようにします。

 

また百人一首の覚え方としてはかるた20枚ずつ覚える、歌のCDを何度も聞くなどの方法が挙げられます。

 

この他百人一首かるたの鑑賞やクイズなどの無料アプリもいくつかあることに加え、全日本かるた協会のホームページには全国の競技かるた会が紹介されています。

 

百人一首では恋をテーマとした歌が最も多く43首ありますが、その大部分は相手に対して切なく思い悩む気持ちが歌われたものとなっています。

 

スポンサード リンク