童話を書いて楽しむ趣味

童話を書いて楽しむ趣味

童話を書いて楽しむ趣味は、自分で考えて童話を書いていく趣味です。

 

童話

 

童話は、幼い頃に誰もが親しんだ事があると思います。

 

それを大人になってから読み返すと、その当時とは違った新鮮な印象が得られる事が多くあります。

 

そういった童話の面白さに魅せられると、今度は自分の中にある物語を童話にして表現してみたいという気持ちが表れる事もあります。

 

こうして童話を書く事により、自分の中にある物語が形あるものとなり読む人を楽しませられる他、自分の中にある世界を再発見できるようになります。

 

スポンサードリンク

《童話を書いて楽しむ趣味》の魅力

《童話を書いて楽しむ趣味》の魅力は色々とあります。楽しんでいる人はどのような事に魅力があると思っているのでしょう。

 

  • 童話を書く事により自己表現ができる
  • 自分にしか書けない自分だけの物語を形にできる
  • 自分で書いた童話を周りの人に読み聞かせて楽しんでもらえる
  • 友情や人類愛、自然や命、平和の大切さなどのメッセージを童話によって伝えられる
  • 童話を書く事により自分の中に存在する世界に改めて気付けるようになる
  • 童話の公募に応募する目標ができる

 

《人が読む童話を聞いてみましょう》

 

《童話を書いて楽しむ趣味》の楽しみ方

《童話を書いて楽しむ趣味》の楽しみ方は、童話を書く事により、自分の中にある物語や創作意欲を表現できるようになれる事です。

 

自分の伝えたいメッセージを童話という形にして、人に伝えられるというのは思った以上に楽しい事です。

 

自分が書いた童話を、他の人が読んで楽しんでくれるだけでも嬉しいものです。

 

更に童話を書く事により、自分の物語が実際に形になったものを改めて読む事で、自分の中の世界を別な角度から見られるようになる事も新しい発見となります。

 

《童話を書いて楽しむ趣味》の費用

《童話を書いて楽しむ趣味》の費用は、単純に書くだけであれば鉛筆とノートやパソコンの文書作成ソフトを利用して書けるため特に費用はかかりません。

 

とは言え、どのように書きたら良いのか解らない!と思うのが普通です。そんな時には童話の書き方について書かれた本があるので参考にすると良いでしょう。

 

1000円もしないものから1600円くらいで買えます。

 

》》》童話の書き方の書籍!

 

他にもこんな参考になる書籍もあります。

 

「物語」のつくり方入門 7つのレッスン

 

また童話の書き方をカルチャースクールで受講する場合には6ヶ月で2万円程、大手通信講座で受講する場合には12ヶ月で4万円程となります。

 

童話のストーリーは重要なものですが、それと同時に読み手の興味を引くタイトルも重要です。

 

このためおろそかにせず思わず読みたくなるようなタイトルをじっくりと考えてつけるようにします。

《童話を書いて楽しむ趣味》の始め方

《童話を書いて楽しむ趣味》の始め方は、まず童話を書くにあたっては一人称か三人称のどちらかで話を進め、両方を一緒くたにしないよう気をつけます。

 

また登場人物や舞台背景を決め、起承転結を押さえて物語を展開させ、タイトルも付けます。

 

アイディアが浮かばない、何から書き始めればいいのか分からないという場合には、好きな音楽の歌詞や一枚の絵から物語を連想するという方法があります。

 

この他にもアイディアが浮かばなくて困っている人を主人公にしてストーリーを書くという方法もあります。

 

初めは大作を書こうとは思わずに、気楽に初めてみると良いでしょう。

 

スポンサード リンク

ザ!チャレンジ これでやってみよう!

童話を書くにあたって参考になる書籍があります。どのように書くのかが解ります。

童話を書いて楽しむ趣味記事一覧

童話の書き方が解る書籍があります。多くはないですがどんな本があるのか見てみましょう。基本書き方が解ればあとはあなたの頭の中にある物語を形にするだけです。初めに基本を学び、ステキな作品を書いてみましょう。