俳画を書いて楽しむ趣味

俳画を書いて楽しむ趣味

俳画を書いて楽しむ趣味は、多くの言葉でないと表現できないような事柄を、短い句と簡素な絵で伝えようとするものです。

 

俳画

日本人感覚の余白で伝えるような『わびさび』の世界観がある趣味です。

 

日本人独特の伝統的な感覚を味わう事ができます。それは、『わび』『さび』『もののあわれ』などの、余白から伝えようとするものです。

 

この感覚は日本人の奥ゆかしさを感じられるものです。

 

また俳画は、わずかな運筆と省略といった方法伝える心を大切に描いていきます。そして空間には、書き添えられた俳句などと相まって余韻の美しさを楽しめる趣味になります。

 

スポンサードリンク

《俳画を書いて楽しむ趣味》の魅力

《俳画を書いて楽しむ趣味》の魅力は色々とあります。楽しんでいる人はどのような事に魅力があると思っているのでしょう。

 

  • 筆数を控えるように描いて余白を生かす事
  • 身近にあるものでも描いてみると素敵な作品になる
  • 自分の思うままの俳味を表現できる
  • 筆で四季が織りなす自然の美しさを表現できる
  • 素朴ゆえの奥深さがある

 

他の絵の多くは、紙一杯に色を塗り込んだものがほとんどです。しかし、俳画の絵は塗り込まずに沢山の余白を残します。この余白で語る心が魅力になります。

 

《俳画の魅力が伝わる動画》

 

《俳画を書いて楽しむ趣味》の楽しみ方

《俳画を書いて楽しむ趣味》の楽しみ方は、自由奔放で天真爛漫に描く事です。ここが生命とも言われています。

 

童心に返って無心で何にもとらわれずに表現するのが楽しみ方になります。

 

他の絵とは違う余白を残して、この余白の美しさや余白から伝えるものがあるので、ここを表現するのが楽しいのです。

 

なので、絵は簡素です。

 

この略筆の中に大自然の広がりや空間、生命の躍動感を感じさせる事ができるのです。この余白を見る人が、何かを語りかけて想像したらしめるのです。

 

この独特の日本的表現が魅力的でもあり難しさでもあり、俳画の楽しさでもあります。

 

《俳画を書いて楽しむ趣味》の費用

《俳画を書いて楽しむ趣味》の費用は、筆一つでも数百円程度から数千円するものまであります。

 

道具を凝ると費用は掛かります。

 

ただ、道具の種類自体はそんなに多くは無いので他の趣味に比べれば掛からない方とも言えます。

《俳画を書いて楽しむ趣味》の始め方

《俳画を書いて楽しむ趣味》の始め方は、教室やサークルに入って始めるのがベストです。

 

ただ、自宅の近くに教室が無い人や時間的に通えないと言う人は書籍で学ぶ方法もあります。

 

もしくは通信講座で学びます。

 

自宅で始める時の画材は、俳画セットで販売させれているものがあるので、セットで揃えてしまえば簡単に始める事ができます。

 

スポンサード リンク