俳句を詠って楽しむ趣味

俳句を詠って楽しむ趣味

俳句を詠って楽しむ趣味は、自分の感性や感情を五七五の短い言葉の中で表現する事を楽しむ趣味です。

 

俳句

俳句のルールとしては、五七五で作る事と、季語を一つだけ入れるという事です。

 

季節を表す季語の言葉を入れて表現し、十七音を基本とする短詩型の文芸です。

 

自分の感じた事を、短い言葉の中で表現すると言う日本人らしい楽しみを持つ趣味です。

 

俳句は三句十七音という限られた文字数の中に、自然や四季を表現して詠みます。

 

そして季語を入れる事で、作者の意図する情景を判りやすく表現するのです。

 

短い言葉から、自分の意図を最大限に表現しよとするところに面白さや魅力がある趣味です。

 

スポンサードリンク

《俳句を詠って楽しむ趣味》の魅力

〈俳句を詠って楽しむ趣味〉の魅力は、五七五の拍からなる世界で、最短の制限のある詩から表現する魅力があります。

 

俳句の魅力は、五七五の制限をされた文字数の中で自分の思いや感覚、情景などを盛り込んで詠うことです。

 

俳句にはある一定のルールはあります。しかし、自分の感情の赴くままに表現が出来るので、表短い言葉だからこその面白さが魅力です。

 

外国でも日本の伝統ある文化や芸術として有名になっています。

 

《俳句の動画》

 

《俳句を詠って楽しむ趣味》の楽しみ方

〈俳句を詠って楽しむ趣味〉の楽しみ方は、俳句を作る楽しさです。

 

この作る楽しさは、ある瞬間を心のカメラで切り取る楽しさとも言えます。

 

心で捉えた一瞬を、感性を研ぎ澄まして俳句で詠ってみるなんていう素敵な楽しみ方です。

 

また、俳句は一人で楽しむのも良いです。しかし仲間がいると更に楽しくなります。俳句仲間を作って楽しみましょう。

 

《俳句を詠って楽しむ趣味》の費用

〈俳句を詠って楽しむ趣味〉の費用は、独学用の書籍は1000円台で購入ができます。

 

通信講座や教室に通うと2万円くらいは掛かります。

 

地元の公民館などで集まっておこなわれるサークルなら数百円でもあります。

《俳句を詠って楽しむ趣味》の始め方

〈俳句を詠って楽しむ趣味〉の始め方は、どこで始めるか?から見ていきましょう。

 

自宅で始めるのに用意するもの
用意するものは、筆記用具の鉛筆やシャープペン、ボールペン、消しゴムと句が出来た時のメモ書きとしておく句帳を用意します。

 

言葉の意味や正しい文字を書く為に必要なのは国語辞典なのであると便利です。

 

また、俳句は季語というキーワードを使って作る文学なので季語を覚えます。

 

季節の言葉である季語の解説書である歳時記も用意しておきます。

 

まずは俳句を作ってみましょう
俳句の五七五で季語を一つ入れて、まずは作ってみましょう。そして出来た俳句の季語や、言葉遣いが正しいかなどを確認してみます。

 

投句してみよう
新聞の俳句欄や俳句雑誌の募集に句を提出する事を投句と言います。

 

作品ができたら、他の人にどれだけ共感してもらえるかなど気になるものです。思いきって投句してみるのも良いでしょう。

 

自宅で始めるのは比較的簡単なので、思うがままに始めてみましょう。

 

ただ、まったく独学だけではなく、書籍で基本はマスターするのが良いです。

 

通信講座や教室で始める
書籍だけの独学で始めるのは自信がないな!と思う人は通信講座が良いでしょう。

 

自宅に居ながらでも、専門に指導して貰うので上達は早いものです。

 

スポンサード リンク