自分史を書く事を楽しむ趣味

自分史を書く事を楽しむ趣味

自分史を書いて楽しむ趣味は、自分の生涯や半生を文章化して楽しむ趣味です。

 

自分史

自分だけが書ける自分の人生を改めて振り返る事の出来る趣味になります。成功者の生涯の事業や事績を記録した立志伝と言うのはあります。しかし、自分には自分だけが通ってきた人生と言う道があります。

 

誰にも負けない誰にもマネの出来ない人生がそこにはあります。

 

人生には節目節目に色々な事があったはずです。この思い考えたり、悩んだり、嬉しかった事、成功した事などを、自分がどのように生きてきたのかを綴る趣味です。

 

自分がどのように生きてきたのかを改めて知る事のできる素敵な趣味です。

 

スポンサードリンク

《自分史を書く事を楽しむ趣味》の魅力

〈自分史を書く事を楽しむ趣味〉の魅力は色々とあります。楽しんでいる人はどのような事に魅力があると思っているのでしょう。

 

  • 年表をおって自分の人生を思い返せる
  • 今まで生きてきた証になる
  • また失敗した証でもある
  • そのすべてが自分の人生だと思える
  • 過去を知る事で今の自分のある事に喜びを感じられる
  • 自分の成功経験を人に伝えられる

 

《自分史を書く事の魅力が伝わる動画》

 

《自分史を書く事を楽しむ趣味》の楽しみ方

〈自分史を書く事を楽しむ趣味〉の楽しみ方は、自分の人生を整理して思い描ける事です。

 

自分史を書く楽しさは人生を思い返しながら文章にしていく事です。文章にすると自分の人生が不思議な感じになります。

 

自分の人生がとても面白くなります。

 

自分は、この時にはこんな事を考えていたな〜。この時には大変だったな!などと人生が時系列で整理されていきます。

 

書いていてとても楽しい作業になります。

 

大会社の創業者立志伝などはたくさんの書籍になっていたりします。しかし、自分の人生だってまけてなどいません。

 

自分の人生を一冊の本にして、他の人に読んで貰える楽しさもあります。

 

《自分史を書く事を楽しむ趣味》の費用

自分史を書く費用はほとんど掛かりせん。

 

掛かるとすれば、書き方を学ぶ為に書籍が1000円〜2000円はしないです。

 

人生の半生を綴る趣味ですが、お金は掛からないで楽しめます。

《自分史を書く事を楽しむ趣味》の始め方

〈自分史を書く事を楽しむ趣味〉の始め方は、自分の歴史なので簡単に書けば良いと思いがちです。しかし、慌てずゆっくりいきましょう。

 

自分の人生ですが、いきなり漠然と書こうと思っても何から書いて良いのか解りません。

 

また、始めの書き出しこそ順調に書けてもすぐに筆が止まってしまいます。まずは、1冊の本を用意しましょう。

 

〉〉〉齋藤式 自分史の書き方―いますぐ書きたくなる

 

〉〉〉失敗しない自分史づくり98のコツ

 

〉〉〉あ、これならわかる自分史の書き方

 

この中の1冊でも良いので、書くコツをつかんでから書いてみると良いでしょう。

 

せっかくの自分史です。完成した時に満足できるものにしたいですね。

 

書き方や書く手順を学んでから書くのが良いと思います。

 

スポンサード リンク

 

 

トップ | 書く詠む趣味関連一覧