フィギュアスケートを観て楽しむ趣味

フィギュアスケートを観て楽しむ趣味

フィギュアスケートを観て楽しむ趣味は、氷上において、ジャンプやスピン,ステップといった技術や表現力と芸術性を鑑賞して楽しむ趣味です。

 

フィギュアスケート

 

今や世界的に活躍する選手がたくさんいるので、観ていても楽しいですし応援のし甲斐もあります。

 

日本においてフィギアスケートの人気は高く、国内の有名選手の活躍が普段からテレビなど様々なメディアで報じられる他、スター選手はCMに起用されるなどなじみ深いものとなっています。

 

こういったフィギアスケートを実際に観に行くことで人気選手たちの活躍を間近で楽しめるようになります。

 

スポンサードリンク

《フィギュアスケートを観て楽しむ趣味》の魅力

《フィギュアスケートを観て楽しむ趣味》の魅力は色々とあります。楽しんでいる人はどのような事に魅力があると思っているのでしょう。

 

  • テレビ画面を通して観るのとは違った迫力を感じられる
  • フィギアスケート大会会場でお気入りの選手に実際に会える
  • 競技としてのみならず音楽や振り付けのある一つの作品としても楽しめる
  • クラシックやポップス、ミュージカルなどの有名なパートが使われているため楽しみながら音楽に詳しくなれる
  • 競技に参加する選手を応援する楽しみがある一方で、華やかなアイスショーをゆったり味わう楽しみもある
  • 選手たちの華麗な技が決まると感動が得られる

 

《何と言っても浅田選手はすごい》

 

《フィギュアスケートを観て楽しむ趣味》の楽しみ方

《フィギュアスケートを観て楽しむ趣味》の楽しみ方は、フィギアスケートは人気のある競技で、スター選手がCMに起用されるなどテレビでなじみ深いものですが、実際に観に行くことでテレビでは感じられない迫力ある演技を楽しめます。

 

また勝敗を競う試合のみならず、様々な名曲や華麗な振り付け、工夫をこらした衣装などが組み合わさった一つのアート作品としても鑑賞できます。

 

この他にも実際に観に行くことで憧れの選手へのプレゼント投げもできるようになります。

 

《フィギュアスケートを観て楽しむ趣味》の費用

《フィギュアスケートを観て楽しむ趣味》の費用は、NHK杯のチケットは3日間通し券のSS席3万6000円をはじめ、アリーナ1万4000円、スタンド席は一番安いB席の3000円から一番高いSS席1万2000円まであります。

 

また全日本選手権の場合には4日間通し券のSS席3万6000円をはじめ、アリーナSS席が1万5000円、スタンド席はAからSSまであり、4000円から1万2000円となります。

 

その他の国内大会などの日程は日本スケート連盟の公式サイトで公表されていて、小さな大会であれば入場料は1000円程、あるいは無料の場合もあります。

《フィギュアスケートを観て楽しむ趣味》の始め方

《フィギュアスケートを観て楽しむ趣味》の始め方は、9月頃から3月頃までは日本全国のリンクで毎週のように試合が行われていますが、観戦初心者であれば有名選手がたくさん出場する大きな試合に行くことで日本のみならず世界中の最高の演技を堪能できます。

 

そういった初心者が楽しみやすい大会はNHK杯や全日本選手権などで、チケットはコンサートや演劇などを観に行く時と同様にチケットを取り扱うぴあやローソンチケットで購入できます。

 

この他にも地方の大会であれば山の中にスケートリンクだけという場合もあるため、防寒対策が必要な他、簡単に食べられる食事や飲み物も持参するようにします。

 

プレゼント投げの花束は花びらが散ると試合が中断してしまう場合があるため、会場で売られているものか、花屋さんで全体をきっちりとラッピングしてもらったものを用いるようにします。

 

スポンサード リンク

 

 

トップ | 観る系趣味一覧