寄席を観て楽しむ趣味

寄席を観て楽しむ趣味

寄席を観て楽しむ趣味は、小規模な演芸場に行って、落語や講談、浪曲、漫才、手品、奇術などの大衆芸能を楽しむ趣味です。

 

寄席

寄席と言うと落語のイメージを持つ人もいるかも知れませんが落語だけでなありません。

 

講談や漫才、漫談、音曲、手品、曲芸などバラエティーに富んだプログラムになっているのです。実際は色々な面白さが味わえるのです。

 

そして寄席は小劇場なのですぐ近くで観る事ができるので、本物の”芸”を近くで堪能する事ができるのです。

 

寄席は小さな小屋の中で、絶えずお客の笑い声やかけ声が聞えてとても楽しいです。予約などなく観れるので近くに来たから行ってみよう!と行ける場所です。

 

いつの間にか噺(はなし)に引き込まれているような、本物の芸・話術・面白さが体感できるのが寄席を観る趣味です。

 

スポンサードリンク

寄席を観て楽しむ趣味の魅力

寄席を観て楽しむ趣味の魅力は色々とあります。楽しんでいる人はどのような事に魅力があると思っているのでしょう。

 

  • ちょっと粋なところがある
  • 言葉の芸が観られる
  • 想像力をかき立てるような面白さがある
  • 粋な部分が身につく
  • ”無駄”を楽しむ贅沢がある
  • 落語を聞くと聞き上手話上手になれるよう
  • 笑いのコツもつかめる

 

《寄席の魅力が伝わる動画》

 

寄席を観て楽しむ趣味楽しみ方

寄席を観て楽しむ趣味の楽しみ方は笑いです。

 

言葉だけで想像をさせてくれる話術に聞き惚れてみましょう。いつの間にか引き込まれている事に気が付くと、思わずすごいの一言です。

 

寄席に通っていると段々と好きな落語家さんが出てきます。そして好きな演目も出てきます。

 

しかし同じ演目でも落語家さんが違うとまた違うように感じます。ここがまた楽しさになってきます。

 

落語は同じ演目を多くの人が演じます。古典落語の多くは、江戸時代や明治に創られています。

 

沢山の落語家さんの工夫などを凝らして現在の形になっているので笑いも奥深いものがあります。

 

寄席の楽しみは、”芸”を生で鑑賞して笑い楽しむ事です。

 

寄席を観て楽しむ趣味の費用

寄席を観て楽しむ趣味の費用は、入場料として3000円くらいです。

 

ただ寄席に始めていくなら多少とも予備知識があると面白さが違います。そこで落語であれば落語の本などでちょっと学んでおくと良いでしょう。

 

落語を知るにはDVDで観てみるのも良いです。DVDは2000円くらいです。

寄席を観て楽しむ趣味の始め方

寄席を観て楽しむ趣味の始め方は、普段着のままで2千円から3千円を払って演芸場に行くだけです。

 

基本的に入れ替えもないので一日中楽しむ事もできます。ただ始めは知っている落語家さんが出演している時を狙った方が良いでしょう。

 

歌のライブでも知らない人の知らない歌では面白くないように、落語なども知っている人の方が面白く感じます。

 

寄席は入場料の事を木戸銭言い、木戸で購入をします。木戸には案内人がいるので初めてなら聞いてみると良いでしょう。

 

飲食も自由です。お弁当を食べながら楽しみましょう。

 

スポンサード リンク

チケットを格安で購入する方法!

 

チケットぴあ

チケットぴあ

 

チケットぴあは、日本最大級のエンタメチケットを予約や購入する事ができるサイトです。

 

音楽、スポーツ、演劇、映画などのチケットが買えるのでぜひ活用したいサイトです。

 

》》》寄席のチケットを探そう!
icon