オルゴールを収集して楽しむ趣味

オルゴールを収集して楽しむ趣味

オルゴールを収集して楽しむ趣味は、演奏される様々な楽曲と、なんとも癒されるように可愛らしい装飾品のようなオルゴールを集めて楽しい趣味になります。

 

オルゴール

 

オルゴールは、ぜんまいの機械仕掛けで自動的に楽曲を演奏します。

 

その曲調はなんともなめらかでホッとさせてくれるような優しさがあります。更に可愛らしい形に作られているので、楽曲と装飾品としても集めて楽しいでしょう。

 

日本においてのオルゴールは、江戸時代の終わり頃にオランダ人によって持ち込まれ見せ物として紹介された事に始まるとされるので、意外と歴史は古いのですね。

 

浮世絵にして売られる程の評判を呼んだと言います。

 

現在では、沢山の職人たちの手により時間をかけて製作されるオルゴールは、美しい音色が愛されています。

 

オルゴールを親から子、更には孫へと代々受け継がれていく家宝にしたくなるほどの魅力があるのです。そんな素敵なオルゴールを集めてみましょう。

 

スポンサードリンク

《オルゴールを収集して楽しむ趣味》の魅力

《オルゴールを収集して楽しむ趣味》の魅力は色々とあります。楽しんでいる人はどのような事に魅力があると思っているのでしょう。

 

  • オルゴール独特のやさしく美しい音色をじっくりと堪能できる
  • 音色にとどまらず形状も美しいためインテリアとしても楽しめる
  • 職人たちにより丁寧に作られた物であり、家宝として代々受け継ぎ大切にできる
  • 長きにわたり受け継がれる高価な物であるため資産としての価値が加わる
  • 高価で弁数の多いオルゴールはその分だけ繊細な音色が再現できる
  • 工業製品とは違った、職人たちにより伝統的に作られ続ける物の良さを感じられる

 

《オルゴールの楽曲を楽しめる動画》

 

《オルゴールを収集して楽しむ趣味》の楽しみ方

《オルゴールを収集して楽しむ趣味》の楽しみ方は、まずはその美しく優しい楽曲を楽しみましょう。

 

聴いているだけで癒されます。そして色々なオルゴールを集める事で、違う曲を楽しんだりも出来ます。

 

次に装飾されたオルゴールの形にも注目ですね。

 

オルゴールは本来、自動演奏をする機械として誕生しました。

 

それが、現在では職人たちの手による伝統工芸品としての価値があるものもあって、そんなのは一家で代々受け継がれて、家宝となるような素晴らしいものがあります。

 

機械でありながら形状が美しく、更にピンが弁をはじくことによりやさしく美しい音色が奏でられます。

 

この弁数が多い程、一般的なおもちゃのオルゴールにはない細やかな音色が再現され、オルゴールの演奏に深みや繊細さが加わるようになりじっくりとその音色の良さを堪能できて楽しめるのです。

 

《オルゴールを収集して楽しむ趣味》の費用

《オルゴールを収集して楽しむ趣味》の費用は、安いものは1000円台くらいからあります。

 

楽天市場 ⇒オルゴール!

 

ただ2000円から3000円くらいになってくると色々と選べるくらいの種類があります。

 

ちなみに高価なものっていくらくらいするのか興味ないですか?

 

72弁のオルゴールは20万円台から40万円台、144弁のオルゴールは60万円台から90万円くらいが目安です。

 

オルゴールがかなりのお値段だったりするのですね。

 

でも更に高価なのもあって、大型の物になると700万円台から1千万円程になるそうです。参考までに。

 

オルゴールを集め始めると、色々なオルゴールを見たくなるものです。そんな時の観光地にあるオルゴールミュージアムの入館料は1000円くらいです。

《オルゴールを収集して楽しむ趣味》の始め方

《オルゴールを収集して楽しむ趣味》の始め方は、まずはお気に入りの楽曲のオルゴールを選ぶと良いでしょう。

 

その時に、装飾も気に入ったのがあれば最高ですね。まずは初めの1個を買って、静かな夜に楽曲を聴いて楽しみましょう。

 

段々と集めていく中で、高級で本物のオルゴールを楽しみたいとなったら、多くの愛好家から定評のあるオルゴールブランドリュージュの直営店などを見に行っても良いでしょう。

 

ショールームでは聴き比べをしてから購入できるようになっています。

 

あらかじめ予約を入れておけば、鑑賞してから選べたり弁数や曲目など自分の好みに合った物をじっくりと探せます。

 

この他、伊豆や京都、神戸などいくつかの観光地にはオルゴールミュージアムがあり様々な歴史あるオルゴールが展示されているので、旅行の際に立ち寄ってみるといいでしょう。

 

現在の音楽は、CDやネット配信などが一般的で、オルゴールはその対局にあるアナログな物というイメージがあります。

 

このアナログだからこその良さを味わって、そんなオルゴールに囲まれる空間などはステキな趣味空間となるでしょう。

 

スポンサード リンク