フレグランスを収集して楽しむ趣味

フレグランスを収集して楽しむ趣味

フレグランスを収集して楽しむ趣味は、フレグランスという香りの総称なので、香り全般を集めて楽しむ趣味です。

 

フレグランス

フレグランスと香水は同じ?と思っている人もいるかもしれません。

 

フレグランスは、香水やオーデコロンなどの身体に香りを付ける化粧品の総称です。なので、香水もフレグランスの一種ではあります。

 

シトラスやフローラル、ウッディやスパイシーなど一つのフレグランスは様々な香りが調香されています。

 

そしてそのブランドの独自性が打ち出されています。

 

香り以外にも、各ブランドがこだわり抜いたボトルのデザインは美しいのでボトル収集としても楽しめます。

 

また、そのフレグランスが登場するまでのエピソードなど、一つのフレグランスには様々な魅力が詰まっています。

 

スポンサードリンク

《フレグランスを収集して楽しむ趣味》の魅力

《フレグランスを収集して楽しむ趣味》の魅力は色々とあります。楽しんでいる人はどのような事に魅力があると思っているのでしょう。

 

  • 各ブランドの感性豊かな調香師によるこだわり抜いた香りを楽しめる
  • コレクションしたフレグランスの様々な香りについてどのようなタイプの人にふさわしいのか想像力を巡らせられる
  • 各ブランドがこだわり抜いたボトルのデザインを眺めて楽しめる
  • 各ブランドがフレグランスを開発した経緯やCM、広告に起用された著名人のエピソードが興味深い
  • フレグランスを収集する事によりエレガントで豪華な世界に浸れる
  • その日の気分に合わせて様々なフレグランスの中から選ぶ楽しさがある

 

《フレグランス収集の魅力的な動画》

 

《フレグランスを収集して楽しむ趣味》の楽しみ方

《フレグランスを収集して楽しむ趣味》の楽しみ方は、様々なフレグランスを収集する事でその日の気分に合わせたフレグランスを選びその香りを楽しめます。

 

また1つのフレグランスには各ブランドの調香師による芸術的な発想や、インスピレーションをかき立てられたきらびやかなエピソードが存在し、それらを知る事により更にフレグランスへの思い入れが深まります。

 

この他それぞれのフレグランスにはトップノート、ミドルノート、ラストノートがあり時間の経過とともにグラデーションのように変化する香りを楽しめるようになっています。

 

《フレグランスを収集して楽しむ趣味》の費用

《フレグランスを収集して楽しむ趣味》の費用は、高級ブランドもののフレグランスは3000円台から1万円台が多数です。

 

その中でマリリン・モンローのエピソードで知られるシャネルNo.5と、60年代にオードリー・ヘプバーンのポスターが世界中に飾られたジバンシィ・ランテルディはそれぞれ1万8000円程となります。

 

フレグランスはそのエレガントな香りにとどまらず、ボトルデザインやポスターなどの華やかなマーケティング、開発までのエピソードなどきらびやかな世界が詰まったものとなっています。

《フレグランスを収集して楽しむ趣味》の始め方

《フレグランスを収集して楽しむ趣味》の始め方は、フレグランスは各ブランド直営店やデパートのフレグランス売り場で取り扱われているため購入する際にはそれらの店舗に行く他、ネットの大手通販サイトからも購入できます。

 

またフレグランスを選ぶ際には手首の内側に1、2回吹き付けてアルコール分を飛ばし、鼻から少し離した所から手を動かして香りを嗅ぎ、好みのものを見つけます。

 

フレグランスを保存する際には直射日光や温度変化の激しい所は避け、開封後は1年を目安に使い切るようにします。

 

スポンサードリンク

 

 

トップコレクション・収集趣味系一覧