マンガコレクションを楽しむ趣味

マンガコレクションを楽しむ趣味

マンガコレクションを楽しむ趣味は、自分の大好きなマンガを大人買いして、集めて身近に置く事でいつでも読める満足も楽しむ趣味です。

 

マンガコレクション

少し前までは子どものものというのが世の中の風潮でしたが、現在ではマンガは子どもだけでなく大人も、そして世界中の人々をも惹き付ける誰もが楽しむ事のできる娯楽となっています。

 

マンガのコレクションというと有名作家の希少本や貸本時代のマンガという市場価値のあるものをコレクションする事がまずあげられます。

 

この他にも自分が子どもの頃親しんだマンガを再び読み直す、好きなジャンルの作品を集めるなどその人独自の視点から集める事もまた面白みとなります。

 

スポンサードリンク

《マンガコレクションを楽しむ趣味》の魅力

《マンガコレクションを楽しむ趣味》の魅力は色々とあります。楽しんでいる人はどのような事に魅力があると思っているのでしょう。

 

  • 有名作家の世間ではあまり知られていない作品をじっくりと鑑賞することができる
  • 子ども時代に読んだマンガを読み返すと懐かしい気持ちや、当時とは違った印象を得られる
  • 好きな作品をコレクションすることで、自分の世界に浸ることができる
  • 好きな作家の作品をとことんまで追い求める目標ができる
  • 好きなジャンルの作品を様々集めることでそのジャンルの良さを多様な角度から楽しむことができる

 

《マンガコレクションの魅力的な動画》

 

《マンガコレクションを楽しむ趣味》の楽しみ方

《マンガコレクションを楽しむ趣味》の楽しみ方は、有名作家の希少本を集める、昔好きだった作品を再び読みなおす、とにかく面白い作品をたくさん読みたいなどマンガコレクションの動機は人それぞれです。

 

それぞれの楽しみ方には、有名作家の意外な一面を知ることができる、懐かしい気持ちや子ども時代とは違った印象を得られる、自分の好きな世界を堪能することができるなどがあります。

 

これによりコレクションをする人の考え方や世界観が反映され、更に自分の好きなものに囲まれ、その世界に浸ることができます。

 

《マンガコレクションを楽しむ趣味》の費用

《マンガコレクションを楽しむ趣味》の費用は、マンガによりますが、一般的なものは1冊400円から600円ほどとなります。

 

また大手古書店で売られている在庫の多いマンガは100円ほどで購入することが可能です。

 

希少本はものによりますが手塚治虫の『新寶島』で約300万円、水木しげるの『妖奇伝』で約200万円という高値がつく場合もあります。

 

楽しみ方は人それぞれですが、マンガコレクションはマンガを楽しむ事に加え、自分の好きな物に囲まれることができるということもまた醍醐味となります。

《マンガコレクションを楽しむ趣味》の始め方

《マンガコレクションを楽しむ趣味》の始め方は、楽しみ方は人それぞれですが、ブームで多くの人に読まれたマンガを読み返すのであれば、大型古書店で割安で集めやすくなっています。

 

一方でマニアックな作品や希少本などの場合には、東京では「まんだらけ」、大阪では「わんだーらんど」といった専門店で取り扱われています。

 

また個人的に好きだけれど特別に希少価値がないような作品は、大手通販サイトを利用すると見つけやすくなっています。

 

スポンサード リンク

 

 

トップコレクション・収集趣味系一覧