化石を収集して楽しむ趣味

化石を収集して楽しむ趣味

化石を収集して楽しむ趣味は、化石と言えばアンモナイトのように1万年以上も前の生物の遺骸などを発掘したりして集める事を楽しむ趣味です。

 

化石

 

化石とは本来地質時代の生物の遺骸あるいはその痕跡のことを言います。

 

地質時代とはおよそ1万年前のことなので、化石を収集する事で地球の生物の歴史に触れる事ができるような、壮大なロマンを感じる事ができる趣味になります。

 

生物の痕跡を知る手立ては発掘のみで、未だ発見されていない生物を発見することは専門家にとどまらず誰もがその可能性を持っているものとなります。

 

化石をショップなどで買う事で集める事もできますが、自分で発掘して採取する事もできるので、まだ見ぬロマンを追い求められるような趣味になります。

 

スポンサードリンク

《化石を収集して楽しむ趣味》の魅力

《化石を収集して楽しむ趣味》の魅力は色々とあります。楽しんでいる人はどのような事に魅力があると思っているのでしょう。

 

  • 未だ発見されていない太古の生物を発見するかも知れないというロマンがある
  • 化石を探す目的を持つことで自然の中を歩く機会が得られる
  • 化石を探す目的により観光スポットにはない場所を巡れるようになる
  • 化石を収集することで考古学的な知識を得られる
  • 化石を発見した時に喜びを得られる
  • 収集した化石をじっくり眺めその生物の生きた時代に思いを巡らせられる

 

《化石採集の動画でビックリ》

 

《化石を収集して楽しむ趣味》の楽しみ方

《化石を収集して楽しむ趣味》の楽しみ方は、化石はコレクター向けに売られている場合がありますので、まずは化石に触れる事から楽しんでみます。

 

化石の魅力を感じたら、次は化石に触れる一番良い方法は自分で採集することです。

 

採集禁止に指定されている場所もありますが、そういった場所ではじっくりと観察してから写真を撮影するようにし、それもまた収集の楽しみとなります。

 

栃木県の葛生にある嘉多山公園は険しい山道を歩かなくとも行けることに加え、多数の石灰岩が落ちていてよく探せば化石が入ったものを見つけられる可能性があります。

 

この他にも東京駅丸の内駅舎の床に使われている大理石には化石が含まれていたりするので、現物を集めるだけではなく写真をコレクションにする楽しみ方もあります。

 

《化石を収集して楽しむ趣味》の費用

《化石を収集して楽しむ趣味》の費用は、化石自体は通販でも売っていて1000円もしないものからあります。

 

自分で採取するなら道具として、化石用ハンマーは4000円から1万円以内、タガネは500円から1000円以内、安全メガネは1000円前後程となります。

 

これらの基本的な道具に加え、新聞紙やビニール袋、油性マジック、ルーペ、メモ帳の他、壊れやすい化石を入れられるプラスチック製のケースやフィルムケースなどを用意します。

《化石を収集して楽しむ趣味》の始め方

《化石を収集して楽しむ趣味》の始め方は、服装は長袖長ズボン、軍手を必須とし、汚れても歩きやすいものを選びます。

 

地層に含まれる化石が表面に見えている場合にはハンマーや平タガネを使ってブロックごと取り出し、それを持ち帰りゆっくりクリーニングします。

 

ここで化石だけを取り出そうとすると化石を壊してしまうことになるため避けるようにします。

 

また採集は必要な量にとどめ、崖などから大きく崩すといったことは危険を伴い迷惑にもなるため避ける他、採集した後は片付ける、採集禁止の場所では採らないなどのマナーを守ります。

 

山や海辺などに出掛けなくとも、近所の人々が散歩するような地域の河原で化石が見つかることもあるため、そういった所で化石を探すという方法もあります。

 

スポンサード リンク

 

 

トップコレクション・収集趣味系一覧