古銭収集を楽しむ趣味

古銭収集を楽しむ趣味

古銭収集を楽しむ趣味は、昔は普通に使われていたお金を集めて収集する事を楽しむ趣味です。その希少性から高額な価値もあるものも多数あります。

 

古銭

 

身近にあり日常的に当たり前のように使っている硬貨には、発行当時の国の歴史的背景や民俗性、芸術性などのあらゆる情報が詰まっています。

 

古銭は、収集家以外にも古銭学の研究でも集める事があり、この学問は経済学、考古学、歴史学、地理学、美術史といった研究の補助的な役割を担っています。

 

このような古銭は、希少価値が高く当然ながら価格的にも価値が高くなります。

 

古銭は新しく生み出される事はないものなので、この希少性の高いものを集める事を楽しめる趣味になります。

 

スポンサードリンク

《古銭収集を楽しむ趣味》の魅力

《古銭収集を楽しむ趣味》の魅力は色々とあります。楽しんでいる人はどのような事に魅力があると思っているのでしょう。

 

  • 古銭にはそれぞれの時代や国の象徴的な特徴が表れているので眺めていて興味深い
  • 芸術性と偽造防止を兼ね備えた美しいデザインを見て楽しめる
  • 珍しい古銭には高値が付くため資産的な価値がある
  • 他の骨董品コレクションよりもスペースを取らずに楽しめる
  • 硬貨には製造年が記されているため年代や希少性を調べやすく骨董品の知識がなくとも楽しめる
  • 他のコレクションアイテムと比べて破損しにくく誰もが扱いやすい

 

《古銭の参考動画》

 

《古銭収集を楽しむ趣味》の楽しみ方

《古銭収集を楽しむ趣味》の楽しみ方は、貨幣の芸術性と偽造防止を兼ね備えたデザインは、身近でありながらも美しいものです。

 

古銭にはその時代の特徴が表れています。製造年も入っているため特別な知識がなくとも、誰もがその価値を理解しやすいものとなっています。

 

またインターネットでも希少価値のある貨幣の話題は人気があり、古銭は持っているだけで資産的な価値があります。

 

更に古銭は小さくて場所を取らないので、他の骨董品よりも取り扱いやすいです。子どもから大人までが収集を楽しめるものとなっています。

 

《古銭収集を楽しむ趣味》の費用

《古銭収集を楽しむ趣味》の費用は、貨幣セットは造幣局の通信販売で購入でき、新しいものであれば1700円です。

 

東日本大震災復興記念金貨幣は9万5000円、銀貨幣は9500円です。

 

この他希少価値のある硬貨として、昭和62年の50円玉は3000円、平成23年から25年の1円玉が400円などの値がつけられる場合があります。

 

これら以外にもエラーコインでは10円玉や50円玉に20万円から30万円の値段がつくことがあります。

《古銭収集を楽しむ趣味》の始め方

《古銭収集を楽しむ趣味》の始め方は、集めやすいものとしては貨幣セットや新しく発行される記念貨幣、家に代々伝わる古銭などが挙げられます。

 

また同じ貨幣を年代順に集める、昭和・大正・明治と時代ごとに集めるなど、人それぞれに様々な集め方がなされています。

 

本格的な入手方法としては古銭商で探す、コイン収集サークルを見つけてそこで譲ってもらう、交換してもらうといった方法や、専門情報誌で情報を集めるといった事が挙げられます。

 

集めた古銭の保存方法としては、硬貨の洗浄はメチルアルコールをつけた脱脂綿で拭き、研磨剤などで強くこすらないようにします。

 

古銭が古くて汚れのひどい場合には自己判断せずに古銭商などの専門家に相談すると良いでしょう。

 

身近な始め方としては、現在使われている10円玉を年代ごとに全部集めてみるのも良いです。

 

スポンサード リンク

 

 

トップコレクション・収集趣味系一覧