鉄道切符を収集して楽しむ趣味

鉄道切符を収集して楽しむ趣味

鉄道切符を収集して楽しむ趣味は、全国のローカル私鉄や第3セクター鉄道などの乗車の時に買った切符や、記念切符などを収集して楽しむ趣味です。

 

鉄道切符

 

日本において初めて切符が利用されたのは、明治時代の鉄道開業時です。

 

現在ではSuicaやicocaなどの乗車カードが普及し、普段の生活で切符を購入する機会は減りつつあります。

 

しかしながら、ローカル私鉄の中には多くの駅で使われている一般的な切符ではなく、今でも昔ながらの厚紙を使った硬券切符を販売している駅もあります。

 

そんな切符は珍しい事に加え独特な趣があります。収集家はこれを集めることを楽しんだり、その地紋や日付などをじっくりと観察し様々な思いを馳せることを楽しむ趣味になります。

 

スポンサードリンク

《鉄道切符を収集して楽しむ趣味》の魅力

《鉄道切符を収集して楽しむ趣味》の魅力は色々とあります。楽しんでいる人はどのような事に魅力があると思っているのでしょう。

 

  • 昔ながらの硬券を販売している駅を旅した記念になる
  • 切符を印刷している印刷会社により地紋が違うため、じっくりと眺めて微妙な違いを楽しめる
  • 記念切符にはそれぞれ独自の趣向が凝らしてあり見ていて面白い
  • 無人駅の切符販売を受託しているその地域にある商店の人達との交流がある
  • 廃線になった電車の切符を集めることで鉄道についての時代の移り変わりを感じられる

 

《人のコレクションを見るのも面白い》

 

《鉄道切符を収集して楽しむ趣味》の楽しみ方

《鉄道切符を収集して楽しむ趣味》の楽しみ方は、自分が乗車した証となる切符を集めたり、貴重な切符を集めたりする事です。

 

昔ながらの硬券切符は今ではほとんど使われていませんので集めにくくなっていますが、それでも一部ローカル線では現在でも使われているところがあります。

 

切符を集めることでそういった駅を旅した記念になります。

 

無人駅の切符は鉄道会社が地域にある民間の駄菓子屋や理髪店、電気店などに委託販売をしていて、切符を買う際にそうした地域の人達との温かいふれあいがあります。

 

このような人と触れ合いながら買った切符には、思い出も含まれるのです。

 

集めた切符には、地紋や日付、券番など小さな切符には意外にも鑑賞ポイントが様々あり、奥の深いものとなっています。

 

《鉄道切符を収集して楽しむ趣味》の費用

《鉄道切符を収集して楽しむ趣味》の費用は、ローカル線の硬券切符1枚は初乗りの100円台からあります。

 

多少遠くても運賃としては2500円程までが目安です。

 

ただ、鉄道部品店にあるビンテージ切符は高価なものであれば2万5000円などの高値が付く場合があります。

 

ここまで高くなくて1万円以下で購入できるものも多くあります。

《鉄道切符を収集して楽しむ趣味》の始め方

《鉄道切符を収集して楽しむ趣味》の始め方は、切符の集め方にあります。

 

買った切符を使わないで集める方法と、使った切符を駅員さんに「切符を集めているのでください」と頼んでもらうという方法があります。

 

今は頼めばくれる事が多いですが、くれない事もあったりします。または「無効」「見本」などのスタンプを押されてしまう場合もああります。

 

使用した切符を貰えるからは基本的に駅員さんの好意なので、これはこれで諦める事も大事です。

 

回数を重ねてサービスの良い所がどこかを自分で探すのも楽しみだと捉えましょう。

 

他にも廃線になった電車や無人駅の切符は全国各地にあるカラマツトレインや、交趣ギャラリーなどの鉄道部品店で取り扱われています。

 

ネットオークションにも出品されているので、オークションで収集する方法などもあります。

 

切符を収集する際に、実際には使わない切符を買うという方法もあります。

 

スポンサード リンク

 

 

トップコレクション・収集趣味系一覧