鉱物を収集してコレクションにして楽しむ趣味

鉱物を収集してコレクションにして楽しむ趣味

鉱物を収集してコレクションにして楽しむ趣味は、鉱物は、この世のものとは思えないほど美しい色合いのものや、結晶の形を見るだけで不思議な魅力があり、そんななんとも言えない鉱物を集めてコレクションを楽しむ趣味です。

 

鉱物

 

鉱物とは無機物で通常は人間が生成に関与しない結晶質の個体の事を指します。

 

広い意味での鉱物は石油や天然ガスなども含まれますが、コレクションとしての鉱物は主に天然石や金属を含んだ岩石、化石などとなります。

 

それらはどれも色や形にそれぞれの個性があり、長い年月をかけて地球によって生み出されたという歴史を持っています。

 

スポンサードリンク

《鉱物を収集してコレクションにして楽しむ趣味》の魅力

《鉱物を収集してコレクションにして楽しむ趣味》の魅力は色々とあります。楽しんでいる人はどのような事に魅力があると思っているのでしょう。

 

  • それぞれの鉱物に個性的な色合いや形状があり、眺めていて美しい
  • 個性豊かな鉱物が長い年月をかけて地球から生み出されたということに驚異とロマンを感じられる
  • 収集する事により様々な鉱物についての知識が身に付く
  • 水晶やアメジストなど鉱物によっては言い伝えもあり、歴史に思いを馳せられる
  • コレクションのみならず、アクセサリーやインテリアなど様々な楽しみ方がある
  • 鉱物のミュージアムやイベントなどに出向く楽しさがある

 

《こんな風にコレクションしてみたい》

 

《鉱物を収集してコレクションにして楽しむ趣味》の楽しみ方

《鉱物を収集してコレクションにして楽しむ趣味》の楽しみ方は、石油や天然ガスなども広い意味では鉱物ですが、コレクションとして楽しむものには水晶や瑪瑙などの天然石をはじめ、玉髄や自然金のように金属を含んだ岩石、化石などが挙げられます。

 

地球の長い歴史の中で生み出されたこれらの鉱物はどれも色や形に様々な個性があり、眺めていて美しさを感じられるものです。

 

このため単にコレクションとしてのみならず、インテリアやアクセサリーとしても楽しめるものとなっています。

 

《鉱物を収集してコレクションにして楽しむ趣味》の費用

《鉱物を収集してコレクションにして楽しむ趣味》の費用は、大きさや質により値段は変わりますが、クラスター状の国産水晶は5000円台から2万円台、自然金は1万円台から2万円台、石膏2000円台、南部石4000円台などがあります。

 

鉱物のイベント入場料は500円から800円が目安ですが、イベントによっては無料の場合もあります。

 

この他、鉱物関連ミュージアムの入館料は600円から800円程となっています。

《鉱物を収集してコレクションにして楽しむ趣味》の始め方

《鉱物を収集してコレクションにして楽しむ趣味》の始め方は、コレクション向けの鉱物は鉱物専門店やパワーストーンのお店などで取り扱われています。

 

この他にも東京国際ミネラルフェアや名古屋ミネラルショー、「石の祭典」さっぽろショーなどの鉱物関連のイベントでも多数販売されます。

 

更に長野県にある「地球の宝石箱」や岐阜県にある「博石館」、静岡県にある「奇石博物館」などのミュージアムでは普段は見られないような珍しい鉱物の展示が楽しめるようになっています。

 

鉱物関連イベントでは値札が付いていない事が多く直接交渉が必要となりますが、最終日になると残った商品が安くなるため初心者であればこの日まで待ってから見て回るという方法もあります。

 

スポンサード リンク