演劇を演じる事を楽しむ趣味

演劇を演じる事を楽しむ趣味

演劇を演じる事を楽しむ趣味は、演劇と聞くと、舞台や大掛かりな作業、脚本探し、キャストの人数あわせなど、気軽にできるものではなく感じるます。

 

演劇を演じる

ですが、学生の部活や、劇団に所属している方以外でも、実は友人数人と一緒に楽しむことができる趣味のひとつです。

 

普段感情表現が苦手な方、逆に表現することが好きな方、人と一緒に趣味を始めたい方は、ぜひ興味を持ってみてください。

 

スポンサードリンク

演劇を演じる事を楽しむ趣味に魅力

演劇を演じる事を楽しむ趣味に魅力は色々とあります。楽しんでいる人はどのような事に魅力があると思っているのでしょう。

 

  • 最初から最後まで自分たちの力だけで作ることで一体感がうまれる
  • 話すのは得意だけど文章を書くのが得意など、それぞれの得意分野を生かせる
  • 大掛かりだけが演劇ではなく、出来る範囲で楽しめる
  • 短期集中ではなく長期でやる趣味なので、自然と続けられる

 

《演劇の魅力が伝わる動画》

 

演劇を演じる事を楽しむ趣味の楽しみ方

演劇を演じる事を楽しむ趣味の楽しみ方は、何人からでも出来るのが演劇です。

 

一緒に演劇を始める人と、コメディやシリアスなどのどういった方向性にしていきたいかなどの話し合いをして、

 

自分たちで真っ白な状態からどれだけ鮮やかに彩った作品を完成させられるかを楽しめます。

 

普段とても活発な人がシリアスな役をしたり、大人しい人が英雄の役をしたり、誰がどんな役でも良いのです。

 

脚本を書く人に、こんな役をやりたいなどの提案をすることで、自分のなってみたかった人や物になることが出来ます。

 

また、脚本の内容によっては、普段着る機会のない衣装を着ることも出来るので、こんな服が着てみたかった!などの楽しさがあります。

 

協力して舞台をつくっていくことで他のメンバーと自然と良い関係になれることも楽しさの1つです。

 

演劇を演じる事を楽しむ趣味の費用

演劇を演じる事を楽しむ趣味の費用は、演劇をする規模によって変わります。

 

サークルに所属する場合、だいたいのサークルでは会費みたいなものがあります。

 

個人で友人を集めて製作していく場合、最初に予算を決めて、脚本に関係なく必要になるものの一覧をつくり、予算の範囲でどのくらいの規模のものが出来るかを決めなくてはなりません。

 

舞台として作らずに、公民館や公共施設の大部屋を借りて劇を撮影したものをネットで動画公開することで舞台を借りたり照明や様々な機器の費用を抑えることも可能です。

 

脚本が出来た後に、必要な小道具と大道具、衣装を自分たちの日用品などでどのくらい補えるか、製作することで出費を抑えられるかの計算をすることが必要です。

演劇を演じる事を楽しむ趣味の始め方

演劇を演じる事を楽しむ趣味の始め方は、演劇に興味のある友人を誘って人数を集めるか、通える範囲で演劇サークルをしている場所を探します。

 

最初に役割分担をするのですが、人数が足りない場合は複数の役割分担が必要です。

 

監督&演出&キャスト、脚本&キャスト、音響&照明、大道具と小道具と衣装は全員でなどといった形で役割を1人が複数持ちます。

 

まずは演劇をする全員で簡単に方向性を決め、あとはそれぞれの役割をこなします。

 

苦手だったり出来ない部分を他の人に頼んだり手伝ってもらえるのも演劇の良さです。

 

スポンサード リンク

 

 

トップページ | 魅せる系趣味一覧