三味線のパワフルな演奏を楽しむ趣味

三味線のパワフルな演奏を楽しむ趣味

三味線のパワフルな演奏を楽しむ趣味は、三味線独特の心をかき乱すような激しさと哀愁を奏でながら優しい演奏を楽しむ趣味です。

 

三味線

 

三味線には静かで優しい曲も似合いますが、それとは逆にベンベンベンとくるパワーと存在感のある曲も最高です。

 

その心底からくるパワーがあって、心をかき乱していくような三味線が弾けたら最高です。

 

三味線はイメージとしては日本の良き時代の楽器のような古めかしいイメージがあります。

 

しかし、最近の三味線は従来の枠にとらわれない新しいスタイルで音楽を楽しむ人も増えています。

 

昭和の民謡を三味線で楽しむのはもちろん、新しい楽器のパフォーマンスとしても楽しむ事ができる楽器になっています。

 

年末恒例の紅白ではすっかり三味線は見なくなっていますが、それでも演奏をした楽器ランキングでは10位に入ったりしています。

 

しかも20代から30代の男性でです。

 

他の楽器にも負けない三味線のパワーある演奏を楽しんでみましょう。

 

スポンサードリンク

『三味線のパワフルな演奏を楽しむ趣味』の魅力

『三味線のパワフルな演奏を楽しむ趣味』の魅力はどんなところでしょう。

 

実際に楽しんでいる人はどのように思っているのか?

 

  • 伝統にとらわれず幅広いジャンルの音楽を演奏して楽しめる
  • 津軽三味線を通して流行に乗りながらも日本の伝統文化に触れられる
  • 独奏からバンド演奏まで様々な形態で演奏する機会を得られる
  • 津軽三味線の演奏は難しいものの、それ故に奥深い面白みを感じられる
  • 練習を重ね演奏会で披露する目標ができる
  • 津軽三味線独特の迫力ある音色を自ら演奏して楽しめる

 

《三味線でルパンって斬新》

 

『三味線のパワフルな演奏を楽しむ趣味』の楽しみ方

『三味線のパワフルな演奏を楽しむ趣味』の楽しみ方は、昔ながらのスタイルにとらわれずに、自分のスタイルで三味線を演奏して楽しむ事です。

 

1960年代に津軽三味線はブームにもなって全国に広がりましたが、その後のイメージとしては1970年代から80年代頃までは津軽三味線というと古くさいものとされる風潮がありました。

 

しかしながら90年代の終わり頃から日本の伝統文化が見直されるようになり、津軽三味線も若い世代からかっこいいとされるようになりました。

 

現在において津軽三味線はブームとなったことで、本来は日本の伝統的な楽器でありながら堅苦しい伝統にとらわれる事なく、新しい形で伝統文化を受け継げるものとなります。

 

また民謡や演歌のみならず、ロックやポップスなどジャンルにとらわれる事なく演奏を楽しめる事も津軽三味線の魅力です。

 

『三味線のパワフルな演奏を楽しむ趣味』の費用

『三味線のパワフルな演奏を楽しむ趣味』の費用は、まずは楽器の三味線ですが、津軽三味線の一棹だいたい15万円から高いもので300万円もします。

 

もっと高級な最高級の棹になると500万くらいする品もあります。

 

多くの楽器は本当にビックリするような値段のものもありますね。とは言え、こんなに高価な三味線が当然ながら必要な訳ではないです。

 

入門用は10万円以下で買えるものもありますし、はじめは購入しないで教室で借りて練習をする方法などもあります。

 

その教室ですが、津軽三味線教室は個人教室の場合1回4500円くらいで、多くの場合入会金1万円と月謝が9000円から1万円程が目安です。

 

地域のカルチャーセンターの津軽三味線講座は半年で3万7000円程です。

 

大手楽器店の場合には月謝がグループレッスンで1万円、個人レッスンで1万2000円。更に入会金1万円くらいです。

『三味線のパワフルな演奏を楽しむ趣味』の始め方

『三味線のパワフルな演奏を楽しむ趣味』の始め方は、教室などで体験してみるのが良いでしょう。

 

まずはやってみる!そして面白そうだと思ったら教室に入りましょう。

 

もしかすると、地域のカルチャーセンターの講座にもあったりするので、カルチャーセンターで教えてくれるならもっと安くできるでしょう。

 

しっかりと趣味として演奏ができるくらいになりたいなら大手楽器店による津軽三味線教室などに入るのが良いです。

 

三味線を教えてくれる教室はいろいろあるので、教室の見学や体験を通して自分に合った教室を選ぶと良いです。

 

ちなみに、初心者の人が三味線を買う場合は、中古ではなく新品を選ぶ方が良いですよ。

 

三味線は本来、こう弾かなければならないという決まりがなく、ロックやジャズのように即興性や独創性がある音楽も楽しめるので、三味線の魅力を体験しならが素敵な趣味にしていきましょう。

 

スポンサード リンク