大正琴を演奏して楽しむ趣味

大正琴を演奏して楽しむ趣味

大正琴とは大正元年に誕生した楽器で、金属弦を番号のついたボタンで押さえながらピックで弾いて音を鳴らします。

 

大正琴

 

大正琴は琴でありながらボタンを押さえて弦を弾けば、誰でも簡単に音階を表現できるという特徴があります。

 

更に、昔ながらの唱歌や童謡のみならず、昭和や平成に流行した多くの人びとに親しまれるポップスなど、様々な曲を演奏して楽しめます。

 

スポンサードリンク

『大正琴を演奏して楽しむ趣味』の魅力

『大正琴を演奏して楽しむ趣味』の魅力は色々とあります。楽しんでいる人はどのような事に魅力があると思っているのでしょう。

 

  • 昔ながらの唱歌や童謡に加え、多くの人びとに親しまれる
  • 流行歌など様々な曲を演奏して楽しめる
  • 音階ボタンを押さえてピックで弾くだけで誰もが簡単に音階を表現できる
  • 数字譜という音階を数字で表した楽譜を用いるため、通常の楽譜が読めない人にも分かりやすい
  • 大正琴による独奏と合奏どちらも楽しめる
  • 練習を積み重ねて思い通りに弾けるようになった時に喜びを感じられる
  • どこか物悲しく懐かしさを感じられる独特な哀愁ただよう音色で自ら演奏して楽しめる

 

《素敵な大正琴の音色を聞いてみよう》

 

『大正琴を演奏して楽しむ趣味』の楽しみ方

『大正琴を演奏して楽しむ趣味』の楽しみ方は、大正琴は音階ボタンを押してピックで弦を弾けば誰でも音色を出せることに加え、数字の書かれたボタンを数字譜通りに押さえれば良いため楽譜も通常のものより分かりやすくなっています。

 

また唱歌や童謡をはじめロックやポップス、ジャズなど幅広いジャンルの音楽を演奏できるのも大正琴の魅力です。

 

練習をして思い通りに演奏できた時に喜びを感じられることに加え、腕前を披露する演奏会という目標に向かって練習に励めるものとなります。

 

『大正琴を演奏して楽しむ趣味』の費用

『大正琴を演奏して楽しむ趣味』の費用は、大正琴の価格は3万円台から6万円台が目安です。

 

大手通信講座の大正琴講座では教材と大正琴を合わせて6万7000円です。

 

大正琴の教室は大手音楽教室の場合入学金1万円台に加え授業料が個人レッスンで1ヶ月8000円台、グループレッスンで5000円台の他、管理費が1600円程かかります。

 

またカルチャーセンターの大正琴講座は3ヶ月で1万2000円から1万3000円程、6ヶ月で3万円前後が目安となります。

『大正琴を演奏して楽しむ趣味』の始め方

『大正琴を演奏して楽しむ趣味』の始め方は、大正琴にはソプラノ、アルト、テナー、ベースそれぞれの異なる音域を持った種類があり、初心者向けはソプラノが一般的です。
弾き方は左指で音階ボタンを押さえ、右手のピックで弦を弾いて音を出すということが基本です。

 

大正琴の楽譜は数字譜と呼ばれるもので、大正琴の音階ボタンと共通の数字通りのボタンを押さえていくことで演奏できます。

 

大正琴には2009年に2864名という大多数の奏者で演奏したことと、2010年に210.5cmもある特大の大正琴が作られたという2つのギネス世界記録があります。

 

スポンサード リンク

 

 

トップ | 音楽系趣味一覧