DJをして音楽を楽しむ趣味

DJをして音楽を楽しむ趣味

DJをして音楽を楽しむ趣味は、音楽を次から次へと繋げていきBGMとして様々な雰囲気を作り出す事を楽しむ趣味です。

 

DJ

 

趣味としては珍しいDJの知られざる魅力とも言えます。世の中に出回る前の曲や、マイナーな曲などに出会えるのが良いです。

 

また、盛り上げることから感動まで幅広くカスタマイズできます。あまり知られていないかも知れないDJ趣味を楽しみましょう。

 

DJは、Disc Jokeyの略です。

 

多くの人のイメージだとレコードを擦ってカッコよく曲を流すのがあります。しかし、実際にはそのようなDJは稀なのです。

 

基本的には、音楽を次から次へと繋げていきBGMとして様々な雰囲気を作り出すのが役割になります。また、最近ではレコードからCDに変わり、iPhoneのアプリも出ています。今後さらに身近になっていく趣味になります。

 

自ら色々な音楽を見つけて、それをみんなに紹介し楽しむのがDJです。

 

DJには、Hip Hop、R&B、HOUSE、 EDM、TECHNOなど幅広いジャンルがあります。ただ、どのジャンルの曲が好みだとしても共通して言えるのは、自ら好きな音楽と出会うために行動し、出会った曲を紹介するということです。

 

レコードプールと言われる新譜曲が取れるサイト、YouTube、レーベル、クラブなど情報収集はたくさんの方法があります。どれが正解というわけでもありません。自分が好きな時に好きな方法で好きな音楽を見つけていくのが楽しみなのです。

 

スポンサードリンク

《DJをして音楽を楽しむ趣味》の魅力

《DJをして音楽を楽しむ趣味》の魅力は色々とあります。楽しんでいる人はどのような事に魅力があると思っているのでしょう。

 

  • クラブ・イベントなどお客さんを盛り上げる
  • 常に自分が好きな曲を見つけるために情報収集をしている
  • 自分や相手の好きな曲を集めてMIX CDを作る
  • 人前でなく、家でコソコソと楽しむ
  • 色んな場面や状況に応じて曲をセレクトする
  • スクラッチ(擦って独特の音を作り出す)や2枚使い(同じ曲の木になるところをリピートしたり、半拍ずらしたりする)のスキルを極めて自分だけの音楽を作り出す

 

《DJの魅力が伝わる動画》

 

《DJをして音楽を楽しむ趣味》の楽しみ方

《DJをして音楽を楽しむ趣味》の楽しみ方は、これからDJをしてみたり、興味がある人はまずはクラブに行ったり、MIX CDを聞いてみましょう。

 

そうすることでDJについてイメージができて、自分がどんなDJになりたいのか明確になります。

 

また、純粋に音楽が好きになりいろんなお店などで流れている音楽が気になりだし、毎日が楽しくなります。

 

あとは、DJ機材を持っている友人の家で触らせてもらうのも良いでしょう。

 

《DJをして音楽を楽しむ趣味》の費用

《DJをして音楽を楽しむ趣味》の費用は、機材をセットで揃えると10万円以上はします。

 

しかし、DJ初心者セットなどで探すと3万円くらいからあります。

 

DJの機材は高いイメージがあると思いますが、思ったほどではないと感じるのでないでしょうか。

 

実際はこれくらいの費用で揃える事ができます。

 

楽天市場》》》DJの初心者セット!

 

アマゾン》》》DJ初心者セット!

 

本格的にやろうと思えば費用は掛かる趣味になります。

 

まずはお手軽の機器でも初心者なら十分楽しめるので、その後にレベルに合わせて機器もレベルアップしていけば良いでしょう。

 

また、冒頭でも紹介した通り今ではiPhoneのアプリでも楽しめます。感覚だけを楽しむのにそこから始めてみるのもいいでしょう。

 

スクールでDJを学ぶなら1レッスン3100円〜などがあります。

《DJをして音楽を楽しむ趣味》の始め方

《DJをして音楽を楽しむ趣味》の始め方は、機材が必要です。

 

ただいきなり高い機材を買って始める人がいますが、あまりお勧めしません。

 

DJはセンスというよりは努力したら誰でも出来るようになります。

 

そのためにまずは、基礎を教えてもらうべくDJをしている友人や先輩を見つけることが先決です。

 

もし、どうしても周りにDJをしている方が見当たらない場合には、DJ教室なども行われていますので、体験教室だけでも参加してみるといいと思います。

 

DJスクールの無料体験ができるEnjoy Your Sound

 

【シアーミュージック】無料体験レッスン募集プログラム

 

無料で体験ができるので一回やってみるといいでしょう。

 

DJとしてデビューを夢見てぜひ新しい趣味の扉を開いてみましょう。

 

スポンサード リンク