らんちゅうを育てる趣味

らんちゅうを育てる趣味

金魚の王様として、古くから日本人に愛されてきた特別な金魚w育てて楽しむ趣味です。金魚の中で最も改良されて最高峰の品種の金魚なので育てがいがあります。

 

らんちゅう

 

金魚というお魚さんは、鮮やかな赤や白の体で優雅にゆらゆらと泳ぐので、江戸時代の頃からずっと日本人に親しまれてきた観賞魚です。

 

金魚と一口にいってもワキン、リュウキン、らんちゅう、オランダシシガシラというように大まかに4つのタイプがあります。

 

この中で、らんちゅうは丸みのある体型で上から見ると小判に尾びれがついているように見える事が人気の秘密となっています。

 

他の金魚との大きいな違いは、上から見ての観賞を楽しめる事です。

 

スポンサードリンク

《らんちゅうを育てる趣味》の魅力

《らんちゅうを育てる趣味》の魅力は色々とあります。楽しんでいる人はどのような事に魅力があると思っているのでしょう。

 

  • 他の金魚よりもゆったりとした優雅な動きを眺められる
  • 上から見たときの小判のような丸みのある体つきが見ていて美しい
  • 生き物を飼う事により生活にうるおいが与えられる
  • 肉瘤、尾びれの形、色のバランスなどの鑑賞ポイントを楽しめる
  • 陶製の睡蓮鉢や金魚鉢などで育てる事で情緒が感じられる
  • ペットとして飼うだけでなく繁殖をして品評会に出すという楽しみ方もある

 

《ずっと見ているとらんちゅうの魅力が解る動画》

 

《らんちゅうを育てる趣味》の楽しみ方

《らんちゅうを育てる趣味》の楽しみ方は、らんちゅうはワキンのように横から鑑賞するのではなく、上から見た小判のような姿が美しいので上からの鑑賞を楽しみます。

 

全国に愛好会がある程の人気の高い金魚です。

 

このため陶製の睡蓮鉢などで飼うと上から見た姿を楽しめます。それが日本的な風情を味わえるのがこれまた魅力に感じる部分です。

 

らんちゅうは全体が赤い素赤やまだら模様の更紗、黒などの体色がある他、尾びれの形や頭の肉瘤も鑑賞するときのポイントとなっています。

 

金魚の中では高級な金魚になりますので、美しを追求することを楽しむ趣味でもあります。

 

《らんちゅうを育てる趣味》の費用

《らんちゅうを育てる趣味》の費用は、らんちゅうの生体は1匹2000円台からありますが、大きくて形の良いらんちゅうは1万円を超えてきます。

 

睡蓮鉢は40cm未満で4000円弱、40cmから50cmのもので1万円から3万円程、昔ながらの金魚鉢は1000円から2000円程です。

 

この他には、エアレーションは1000円台から2000円台。鉢の底に敷き詰める砂利は200円から600円。水草は500円から1000円くらいです。

《らんちゅうを育てる趣味》の始め方

《らんちゅうを育てる趣味》の始め方は、水槽作りからです。

 

1、2匹であれば20cmくらいの水槽や金魚鉢で育てる事ができます。小さな水槽でも酸素不足や水質が悪くなるのを防げるようになります。

 

陶器製の睡蓮鉢は濾過装置などの器具を用いなければ屋外でも育てられますし、エアレーションだけでも水質を保てます。

 

らんちゅうも他の金魚と育て方は同じですが、ゆったりした動きのらんちゅうと動きの素早いワキンは同じ水槽に入れない方が良いものとなっています。

 

ただ本当は大きめの水槽の方が良いです。水質も悪くなり難いので安心して育てることができます。

 

育てる為の水槽を用意してしっかりと水を作ってかららんちゅうを買いましょう。

 

らんちゅうを選ぶのは、金魚の品評会に行くと愛好家たちの育てた美しい金魚が見られます。どんならんちゅうが良いのかは良いらんちゅうをたくさん見る事です。

 

品評会は、一般のショップには出回らない珍しい金魚も見れたりしますので、らんちゅう選びの参考になります。お気に入りのらんちゅうを選ぶと良いですね。

 

スポンサード リンク

 

 

トップ | ペット趣味一覧