カブトムシを育てて楽しむ趣味

カブトムシを育てて楽しむ趣味

カブトムシを育てて楽しむ趣味は、好きな昆虫ランキングでいつも上位にくるカブトムシを育てて飼育する事を楽しむ趣味です。

 

カブトムシ

 

カブトムシは大きく長い角が特徴で、昆虫の王様として子供から大人まで幅広く人気があります。

 

カブトムシを育てるといっても成虫を昆虫採集で捕まえてきて育てる方法と、幼虫からさなぎそして成虫へと育てる過程を楽しむ方法、または外国産の珍しいカブトムシを育てるなど様々な飼育方法を楽しむ事ができます。

 

幼虫から育てるのも面白いですが、まずは成虫を捕まえてきて大切に育ててみると良いでしょう。

 

何と言っても、子供の時に好きだったカブトムシを改めてしっかりと飼育してみると可愛くもなってきます。

 

もしくは大人のカブトムシ飼育の楽しみ方としては、海外の珍しいカブトムシをじっくりと鑑賞するのも良いです。

 

日本のカブトムシには日本のカブトムシの良さがありますし、海外の大きなカブトムシや不思議な色をしているカブトムシを育てるのも面白い趣味になります。

 

スポンサードリンク

《カブトムシを育てて楽しむ趣味》の魅力

《カブトムシを育てて楽しむ趣味》の魅力は色々とあります。楽しんでいる人はどのような事に魅力があると思っているのでしょう。

 

  • 子供の頃に憧れていたカブトムシを改めて自分で育てて楽しめる
  • カブトムシを育てながらじっくりと鑑賞できる
  • 自分で育てた幼虫が成虫に育つのを見ると感動できる
  • カブトムシを育てることを通して愛情を持って生き物に接する大切さを感じられるようになる
  • カブトムシを育てることを通して体の特徴やその生態などに詳しくなる
  • 成虫の産んだ卵から育てる、外国産の珍しいカブトムシを育てるなど様々な育て方に挑戦できる

 

《カブトムシ飼育の動画》

 

《カブトムシを育てて楽しむ趣味》の楽しみ方

《カブトムシを育てて楽しむ趣味》の楽しみ方は、まずは大きなカブトムシを自分で採集してきてその生態を見る事です。

 

どんな生活をするのか、時にはカブトムシ同士で喧嘩もしたりするのでどんな戦いをするのだろうと観察していると飽きる事はなく楽しめます。

 

成虫の観察をしていると今度は卵を産んでくれるので、それを大切に育てて来年の成虫を楽しみするという面白みもあります。

 

1匹の成虫を育てるだけではなく、そのカブトムシの子供を育てまたその子供を育てていくような面白みです。

 

一匹の巡り合ったカブトムシの代々を自分が育てていって、10年も続いたらすごいですね。

 

そんな楽しみ方もあります。

 

《カブトムシを育てて楽しむ趣味》の費用

《カブトムシを育てて楽しむ趣味》の費用は、カブトムシの飼育セットはSサイズ1000円台、Mサイズ2000円台くらいです。

 

楽天市場などでも夏になればたくさん出てきます。

 

⇒カブトムシ飼育セット!

 

カブトムシそのものの値段は成虫のオスが500円から600円程、メスは400円くらいでペアで1000円くらいです。

 

同じく楽天市場で売っています。

 

⇒カブトムシ成虫!

 

幼虫であればオスメスどちらも150円から300円程です。

 

他に外国産で人気の高いヘラクレスオオカブトのオスはサイズが小さいものであれば1万2000円程ですが、大きいものとなると10万円程になる場合もあります。

《カブトムシを育てて楽しむ趣味》の始め方

《カブトムシを育てて楽しむ趣味》の始め方は、飼育するためのケースやマット、エサなどをまずは用意します。

 

昔はスイカなどをエサにあげていましたが、今はお腹をこわして死んでしまうという事でカブトムシ用のゼリーが一般的なようなです。

 

初心者であれば飼育ケースの中に飼育マットや朽木、エサ代などが一つになった飼育セットを買うと最低限必要なものが一度に全て揃います。

 

また乾燥を防ぐ霧吹きや温度計、湿度計などもあると便利です。

 

カブトムシは採集がそれほど難しくないので、雑木林に捕まえに行っても良いです。

 

もっと手軽に飼ってみたい!という人はホームセンターで購入するか、ネットでまとめて買っても安くなるでしょう。

 

スポンサード リンク

カブトムシ関連書籍

 

 

カブトムシとクワガタ飼いかた&図鑑―カブ&クワのオールカラー図鑑 

大人のフィールド図鑑 原色で楽しむ カブトムシ・クワガタムシ 図鑑&飼育ガイド