スズムシを育てて楽しむ趣味

スズムシを育てて楽しむ趣味

スズムシを育てて楽しむ趣味は、日本の秋の風情とも言えるスズムシの鈴のように聞こえる鳴き声を楽しむ趣味です。

 

スズムシ

 

スズムシは日本原産の昆虫で、古くは平安時代からその鳴き声を楽しんでいたと言います。

 

1950年前後の日本において昆虫を飼うというと、スズムシやキリギリスなどの鳴く虫が一般的でした。

 

こういった文化は江戸時代からのものであり、夏の風物詩として美しい鳴き声とともに季節を感じる日本独自のものです。

 

その一方で鳴き声を楽しむだけでなく、他の昆虫のように幼虫から育てる楽しさもあります。

 

スポンサードリンク

《スズムシを育てて楽しむ趣味》の魅力

《スズムシを育てて楽しむ趣味》の魅力は色々とあります。楽しんでいる人はどのような事に魅力があると思っているのでしょう。

 

  • スズムシの鳴き声をじっくりと聴いて夏の終わりの情緒を感じられる
  • 自分の育てているスズムシが美しい声で鳴くと嬉しく感じられる
  • 自分の飼っているスズムシが鳴き始めることで季節の変化を感じられるようになる
  • スズムシを育てることで命の大切さや、はかなさを知るきっかけになる
  • 実際にスズムシを育てることでその生態について詳しくなる
  • スズムシがエサを食べる様子などを眺めると楽しい

 

《美しいスズムシの鳴き声》

 

《スズムシを育てて楽しむ趣味》の楽しみ方

《スズムシを育てて楽しむ趣味》の楽しみ方は、自分で育てたスズムシの美しい鳴き声を聞いて楽しむ事です。

 

最近では昆虫を飼うというと、カブトムシやクワガタムシが人気です。

 

しかし、かつての日本ではスズムシが一般的で、その美しい鳴き声と情緒が愛されたという歴史があります。

 

スズムシを育ててその鳴き声の美しさに耳を傾けることで、季節の移り変わりを身近に感じられるようになります。

 

そして夏の終わりにしみじみとした情緒を味わえるようになります。

 

更に夏が終わり、成虫が死んでしまってもオスとメスを一緒に飼うことで卵が残り、5月下旬頃には幼虫がふ化するためそれを再び育てて楽しめます。

 

《スズムシを育てて楽しむ趣味》の費用

《スズムシを育てて楽しむ趣味》の費用は、スズムシはオスとメスのつがいで150円から500円程が相場です。

 

この他にも飼育ケースと砂の代わりとなるスズムシ専用マット、スズムシの卵などがセットになった観察キットは1000円台から7000円程で販売されています。

 

カビよけの竹炭は500円から900円程です。

 

更にスズムシを入れる竹カゴは2000円台から3000円台となります。

 

楽天市場にはスズムシの成虫や関連商品があります。

 

⇒スズムシ関連!

《スズムシを育てて楽しむ趣味》の始め方

《スズムシを育てて楽しむ趣味》の始め方は、スズムシは草むらで捕まえることが困難なので、飼う場合にはペットショップやホームセンター、ネットなどで入手します。

 

飼育ケースに5cm程の天日干しにした砂を敷き、その上に炭を置くことでカビが生えにくくなります。

 

またスズムシは物陰に隠れる習性があるため割れた植木鉢などを入れておくようにします。

 

この他にもエサにはナスやきゅうり、人参などの野菜と煮干やかつお節を選びます。

 

スポンサード リンク