ツーリングの旅を楽しむ趣味

ツーリングの旅を楽しむ趣味

ツーリング(オートバイ)の趣味は、バイクで一人旅を楽しんだり、または仲間数人で一緒にバイクを走らせて観光地や景勝地を旅して楽しむ趣味です。

 

ツーリング

 

目的地まで行くことを楽しむだけではなく、風を感じ爽快感を感じながら、その”走り”を楽しむ趣味です。

 

バイクを移動手段とするだけでなく、仲間との走りも楽しんだりします。

 

バイクは基本的に一人で乗る乗り物ですが、それを数人の仲間で一緒に走るのが楽しいのです。バイク好きが集まっての仲間との走りは気持ちが良いものです。

 

山岳地や海沿いなどを走ってみましょう。とても気持ち良くて病みつきになる爽快感が楽しめます。

 

一人旅でのツーリングも、仲間と一緒にツーリングもそれぞれの楽しみ方がある趣味になります。

 

スポンサードリンク

《ツーリングの旅を楽しむ趣味》の魅力

《バイクツーリングの旅を楽しむ趣味》の魅力は、やはりバイクなので、風を感じて自然を肌で感じられるところです。

 

車や電車と違って、バイクは全身で風や雨、気温や気候、自然の変化をダイレクトに体で感じる事ができます。

 

木陰に入った瞬間の、一瞬のヒンヤリ感!これはバイクならではです。

 

または、海が近づいてくれば、海は見えなくても潮の香りで教えてくれます。

 

つまり、五感で自然を感じる事がバイクツーリングの魅力です。

 

確かに冬は寒くて震える事もあります。しかし、だからこそ青空のもとの春の温かさが心地よく気持ち良いのです。

 

《ツーリングの疑似体験ができる動画》

 

《ツーリングの旅を楽しむ趣味》の楽しみ方

バイクツーリングの楽しみ方は、色々ありますが、それを呼び方から紹介しましょう。

 

ツーリングと一口に言っても、実は色々とあって、短い距離を走行するツーリングは、ショートツーリングと言います。反対に長い距離を走行する時は、ロングツーリングと言います。

 

つまり、走行する距離から分けているパターンです。

 

または、人数で分ける事もあって、数人が一緒になって走行する時は、グループツーリングやマスツーリングと言います。

 

そして、一人の時にはソロツーリングと言ったりします。

 

日帰りの時には、日帰りツーリングと言い、キャンプの時にはキャンプツーリング。林道を走る事を目的にした時は、林道ツーリングとも言います。

 

2人乗りツーリングは、タンデムツーリングと言います。

 

つまり、呼び名だけでもこれだけある!と言うのが、ツーリングの楽しみ方の多さに比例していると言えるのです。

 

《ツーリングの旅を楽しむ趣味》の費用

バイクツーリングの費用は、オートバイから費用に入れると大変高額になるので、旅費としての目安を紹介します。

 

主なツーリングの費用としては、ガソリン代と高速代、そして食事代などがメイン費用になります。

 

あくまでどれくらいの距離でどこに行くか!で、当然ながら費用は違うので目安です。

 

ロングツーリングでは1日5000円くらいでしょう。宿泊するとプラス5000円と言ったところでしょう。

 

ただ、高速を使って、ホテルに泊まって!と言う様なツーリングよりも、国道を利用して野宿するくらいのツーリングの方が、記憶には残る旅になります。

《ツーリングの旅を楽しむ趣味》の始め方

バイクツーリングの始め方としては、ソロツーリングであればすぐにでも始められます。

 

もちろん、オートバイがある事が前提ですが、自分のスケジュールさえ調整すれば良いのです。

 

ソロツーリングは、一人だけのツーリングなので、自分のペースで自分の行きたい場所にすぐに出発できます。

 

見知らぬ土地で見知らぬ道を自分のペースで気持ち良く走る!そんなソロツーリングであれば、明日にでも始められますね。

 

スポンサード リンク

ツーリングの参考書籍