バスの旅を楽しむ趣味

バスの旅を楽しむ趣味

バスの旅を楽しむ趣味は、ゆったりと地域に根付いた旅を楽しめる面白さがあります。ゆったりと地元の人の生活圏に入っていけるような楽しさが味わえる趣味です。

 

バス

 

移動を高速でおこなうだけなら飛行機や新幹線などたくさんあります。しかしバスの旅はそれとはまったく違う楽しみを味わいます。

 

バスという日常で使うバスを旅の移動手段とする事で、その地元に深く入っていくことができます。

 

その土地の生活を感じられるホントの”旅”を味わえるのです。テレビでも路線バスの旅などは人気ですが、この地元の人と触れ合いながら、ゆったりと旅するのが魅力なのでしょう。

 

または、高速バスなどの旅もあります。格安で移動に使えるメリットもありますし、ゆったりと車の旅をするにも最適です。

 

スポンサードリンク

《バスの旅を楽しむ趣味》の魅力

《バスの旅を楽しむ趣味》の魅力は色々とあります。楽しんでいる人はどのような事に魅力があると思っているのでしょう。

 

  • 高速バスであれば割安で長距離移動できる
  • 観光向けの路線バスでは1日乗車券を利用する事で気軽に途中下車の旅を楽しめる
  • その地域の路線バスに乗る事でその土地独自の雰囲気に直に触れられる
  • バスの待ち時間やたまたま行き着いた所で観光ガイドには無い、思わぬ発見ができる可能性がある
  • バスをどう乗り継ぐか計画を立てる際に工夫する楽しさがある
  • 様々な高速バスのシートの乗り心地などを比較する楽しさがある

 

《路線バスのこの旅番組は大好き!です》

 

《バスの旅を楽しむ趣味》の楽しみ方

《バスの旅を楽しむ趣味》の楽しみ方は、バスの旅は飛行機や新幹線と比べると時間が掛かります。

 

この掛かる時間の旅を楽しみます。乗り継ぎについてあれこれ考える楽しさもありますし、慌てない旅が魅力になります。

 

そしてバスは使い方によっては、とても安く旅を楽しめます。

 

それは観光地の路線バスには1日乗車券がある場合が多く、これを利用する事でバス料金を気にせず途中下車をして市内観光を楽しめるのです。

 

バス自体もレトロ調の赴きあるデザインのバスが多く、これを見るのも楽しいです。

 

《バスの旅を楽しむ趣味》の費用

《バスの旅を楽しむ趣味》の費用は、東京から大阪間の高速バスの青春エコドリーム号で片道6400円程度、プレミアムドリーム号で片道1万2000円程度となります。

 

ただ休日など曜日によって異なります。

 

この他琵琶湖ドリーム号は片道8000円台、高知徳島エクスプレス号は片道3500円前後、札幌旭川間の高速あさひかわ号は片道2060円などがあります。

 

また観光地の路線バスの1日乗車券は400円から700円程となります。

《バスの旅を楽しむ趣味》の始め方

《バスの旅を楽しむ趣味》の始め方は、高速バスは利用者の様々なニーズに応えるべく豊富な選択肢の中から自分の都合に合わせて選べるようになっています。

 

このため東京から大阪間の場合、とにかく安さを重視するのであれば青春エコドリーム号のような若い世代をターゲットにした高速バスが適しています。

 

一方で快適なバスの旅をしたい場合には、プレミアムドリーム号やプレミアム特急号などが向いています。また観光地の路線バスの1日乗車券には特定の施設で割引などの優待を受けられる特典がついている場合もあります。

 

バスの旅は一見すると不便ですが、自分で考えて行動するため観光ガイドとは違った自らの視点による旅を楽しめる物となります。

 

スポンサード リンク

バス旅の参考書籍