仏像巡礼を楽しむ趣味

仏像巡礼を楽しむ趣味

仏像巡礼を楽しむ趣味は、日本中に点在する仏像を巡礼しながら仏像を見て巡って楽しむ趣味です。

 

仏像

 

仏像は、彫刻や鋳造によって表された信仰の対象としての仏の形像です。釈迦仏をはじめ諸尊仏の仏像が全国各地にあります。

 

これらは信仰の対象にとどまらず、美術作品として楽しめます。

 

様々な寺院を巡る事により、古くからの仏教の歴史に実際に触れることができる魅力的な趣味になります。

 

スポンサードリンク

《仏像巡礼を楽しむ趣味》の魅力

《仏像巡礼を楽しむ趣味》の魅力は色々とあります。楽しんでいる人はどのような事に魅力があると思っているのでしょう。

 

  • 歴史的に価値のある仏像を間近で見られる
  • 各仏像それぞれの美しい造形を楽しめる
  • 古くから伝わる日本人の死生観について思いを巡らせられるようになる
  • 様々な仏像を実際に見ることで仏教に詳しくなる
  • 仏像巡礼をすることで日本の仏教の歴史が分かるようになる
  • 仏像巡礼を趣味にすることで旅の目的が自ずとできるようになる

 

《仏像巡礼の魅力が解る動画》

 

《仏像巡礼を楽しむ趣味》の楽しみ方

《仏像巡礼を楽しむ趣味》の楽しみ方は、様々な仏像を巡礼することで全国各地の歴史的に価値のある仏像を実際に見れることです。

 

改めてその造形美や仏像の作られた歴史的背景に触れられるようになります。

 

この他にも日常では省みることがあまりない、仏教の思想や日本人の死生観について想像力を巡らせられるようになります。

 

更に深く鑑賞するためには、あらかじめ行く寺院についての歴史や仏像の見どころなどの予備知識を身に付けておくとより楽しくなっていきます。

 

《仏像巡礼を楽しむ趣味》の費用

《仏像巡礼を楽しむ趣味》の費用は、拝観料は寺院によって様々です。

 

特別拝観がない場合、観光スポットとして有名な法隆寺では1500円、薬師寺では800円です。

 

この他にも阿修羅像で知られる興福寺国宝館と、千手観音で知られる唐招提寺はそれぞれ拝観料600円です。

 

拝観料以外にも仏像巡礼をテーマにしたガイドブックは1000円から1600円程となっています。

 

美術や歴史において価値のある仏像は美術館や博物館の特別展でも見られることがあります。

 

仏像巡礼ではお堂に入り仏に直に向き合い、更にその場の空気を丸ごと感じられることに意味があるものとなります。

《仏像巡礼を楽しむ趣味》の始め方

《仏像巡礼を楽しむ趣味》の始め方は、旅先の名所などで仏像巡礼をするとなるとあれもこれも見たいという気持ちになりやすいですね。

 

修学旅行のように次から次へと色々な所を見るとかえってそれぞれの印象が薄くなってしまいがちです。

 

このためその地域で見たい仏像をあらかじめピックアップして、半日でゆっくりと巡礼できるくらいに行く寺院の数を絞り込みます。

 

また寺から寺へと巡るとなると歩くことが多く、お寺で靴を脱ぐということもあるため靴は歩きやすく脱ぎ履きしやすいものを選びます。

 

更に荷物は軽めにし、スケジュールに余裕をもたせ、拝観時間や休館日のチェック、拝観のルールやマナーを守るといったポイントを押さえておきます。

 

スポンサード リンク

仏像の参考書籍