日本中のお祭りを巡って楽しむ趣味

日本中のお祭りを巡って楽しむ趣味

日本中のお祭りを巡って楽しむ趣味は、日本のお祭りは地域ごとに独特の特徴があります。その地域の特徴あるお祭りを巡って楽しむ趣味です。

 

祭り

 

日本三大祭りは京都の祇園祭、大阪の天神祭、東京の神田祭りとされています。

 

しかし、この他にも青森のねぷた、秋田の竿燈祭り、宮城の仙台七夕祭りは東北三大祭りとして広く知られています。

 

このような代表的なお祭り以外にも、日本国内には全国各地にて大小様々なお祭りが執り行われています。

 

そこには地域の伝統が色濃く表れたものがあるので、祭りごとの特色を見に行くのが面白いものです。

 

フーテンの寅さんのように、全国のお祭りを巡り歩くのはとても魅力てな趣味になります。

 

スポンサードリンク

《日本中のお祭りを巡って楽しむ趣味》の魅力

《日本中のお祭りを巡って楽しむ趣味》の魅力は色々とあります。楽しんでいる人はどのような事に魅力があると思っているのでしょう。

 

  • それぞれの地域独自の伝統に直接触れられる
  • 観光ガイドにはないその地域のもう一つの側面を垣間見られる
  • お祭り特有の非日常的な雰囲気を感じられる
  • 全国のお祭りを巡る事で日本中を旅するきっかけになる
  • 国の重要無形民俗文化財を間近で観る機会を得られる
  • あまり知られていないお祭りや珍祭、奇祭などを見つける楽しさがある

 

《中津祇園の一風景》

 

《日本中のお祭りを巡って楽しむ趣味》の楽しみ方

《日本中のお祭りを巡って楽しむ趣味》の楽しみ方は、日本中にある様々な特徴的な祭りを行って体感して楽しむ事です。

 

京都の祇園祭や青森のねぷたなどはテレビでも取り上げられることがあるので、幅広く知られています。

 

このような有名なお祭りの他に、日本各地には大小さまざまなお祭りが沢山あります。

 

そのどれもが地域の独自性が良く表れたものとなっています。

 

更に福島の「小幡の幡まつり」や静岡の「遠州森の舞楽」などお祭りによっては国の重要無形民俗文化財に指定されているものもあります。

 

日本各地のお祭りを巡る事で、各地域に伝わる独自の文化に直接触れられます。

 

お祭り特有の非日常を体験できるのが楽しいものとなります。

 

《日本中のお祭りを巡って楽しむ趣味》の費用

《日本中のお祭りを巡って楽しむ趣味》の費用は、お祭りに行くまでの旅費になります。

 

宿泊費と飛行機や新幹線の費用に加え、お祭りによっては路線バスを乗り継ぐ必要があるのでバス代も含めて計画を立てるようにします。

 

路線バスの1回の利用料金は100円から200円程が目安ですが、乗車距離によって200円から1000円台になる場合もあります。

《日本中のお祭りを巡って楽しむ趣味》の始め方

《日本中のお祭りを巡って楽しむ趣味》の始め方は、まずはお祭りの開催日時を調べる事から始めましょう。

 

そして、まずは近くのお祭りから行ってみます。

 

日本中のお祭りについて書かれた本なども参考になります。

 


 

こんな本を参考に行きたいお祭りを決めても良いでしょう。

 

お祭りの行われる場所と詳しい日にちについてあらかじめ調べておくようにします。

 

この他にもお祭りによっては行きにくい場所で執り行われるものもあるため、どのような交通手段を使うかなども考慮する必要があります。

 

日本中のどこかでは365日お祭りが行われていると言われているため、調べれば時期を問わずにどこかしらでお祭りを楽しめる趣味となります。

 

ぜひ日本中にある特徴的なお祭りを巡って、改めて日本の良さを味わうのもステキな趣味になります。

 

スポンサード リンク

 

 

トップ | 旅行系趣味一覧