滝を巡る趣味

滝を巡る趣味

滝を巡る趣味は、日本中にある滝を巡って、その落差ある滝を見て感動したり、癒されたりする趣味です。

 

滝

 

日本だけでも、落差が5m以上の滝は約2500もあると言います。

 

ただ、滝と一言で言っても、いくつかのタイプがあります。

 

・直瀑と言う、一気に垂直に落下する滝
・段瀑と言う、地形の段差によって何段かが繋がって流れる滝
・分岐瀑と言う、いくつかの筋からの流れに別れて流れ落ちる滝
・渓流瀑と言う、傾斜のある斜面を滑るような滝
・潜流瀑と言う、溶岩などの断層から水が吹き出るような滝

 

などがあります。

 

マイナスイオン全開の癒しも感じられますし、数百mを一気に落下してするダイナミックさも感じる事が出来る趣味です。

 

そして、同じ滝であっても、季節によってまったく違う姿を見せるくれるのも滝巡りの楽しみです。

 

滝巡りは、少しマイナーな趣味かも知れませんが、人が知らないだけでとても魅力的な趣味になります。

 

スポンサードリンク

《滝を巡る趣味》の魅力

《滝を巡る趣味》の魅力は色々とあります。楽しんでいる人はどのような事に魅力があると思っているのでしょう。

 

  • 滝からエネルギーを貰う事ができる
  • 飛沫をまき散らしながらの壮大さを感じる
  • 岩に響く轟音は腹の底からのパワーを感じる
  • マイナスイオンを感じて癒される
  • 景観の美しさ

 

《滝の魅力が解る動画》

 

《滝を巡る趣味》の楽しみ方

《滝を巡る趣味》の楽しみ方は、大きな滝からはスケールな大きな感動を得る事ができます。そしてマイナスイオンは全快なので癒しを感じる事ができます。

 

また小さな滝からは繊細で美しさから、気持ちを爽やかにしてくれる爽快感が得られます。滝は全身にパワーを与えてくれるような楽しみが得れるます。

 

また目的に行く目的を持つともっと楽しくなります。例えば滝の写真を撮る事です。

 

感度をどのように表現するのか?飛び散る水しぶきをいかに撮るのか?景観を入れて滝と全体で美しさを表現するのか?日差しや日陰も上手く利用して撮ってみるなどもあります。

 

滝巡りは、季節によっても表情をガラッと変わったりします。

 

同じ滝であっても、季節によって違う滝の表情をどのように撮って、どのように違いを表現するのか?滝を巡って写真に撮る楽しみがまずはあります。

 

滝を巡るのも、日本の滝百選を巡ってみよう!や、落差の一番ある滝に行ってみよう!

 

または、横幅の一番広い滝に行こう!など楽しみ方は多いです。

 

《滝を巡る趣味》の費用

滝を見る事自体には基本的にお金は掛からないです。ただ、観光地になっている滝などは、多少費用が掛かる事があります。

 

例えば、有名な華厳の滝は、エレベーターに乗って見に行きますが、そのエレベーター代が550円掛かったりします。

 

後は、駐車場代です。滝を見に行くには基本は車です。

 

これは場所によってまちまちですが、やはり観光地として有名な滝は駐車場代が掛かったりします。

 

その他は、費用が掛からない趣味です。

《滝を巡る趣味》の始め方

《滝を巡る趣味》の始め方は、まずはメジャーで行きやすい滝を巡ってみましょう。

 

滝百選などの本を参考にして、近くて手軽に見られる滝から巡るのが良いでしょう。

 

たくさんの滝を巡って、滝の魅力やいろいろな滝の表情などを感じるようになったら、人里離れた奥深い滝を見に行っても良いでしょうね。

 

山道を何時間も歩いて、そのうちに滝の音が近づいて来て、そして目の前に壮大な滝が突然目の前に表れる!そんな滝探しも魅力です。

 

メジャーではないですが、滝好きな人は意外に多いので、サイトを参考にしたり書籍を参考にして滝巡りを始めてみましょう。

 

スポンサード リンク

滝巡りの参考書籍

 

 

 

 

滝を巡る趣味記事一覧