神社を巡る趣味

神社を巡る趣味

神社を巡る趣味は、日本の神々を祭ってある神社を巡る趣味です。神社は日本人が常に神々と共にあって、神々に祈る生活を続けてきた事実でもあると言えます。

 

神社

 

そんな神社を巡る事で新たに感じる事もあるかも知れませんね。

 

都会に住む人は、日本古来の八百万の神々を感じることはないでしょう。また日常的に意識しながら生活する事も少なくなっています。

 

しかし、そんな関心がないようでも、年の初めには神社へ初詣に行きます。こんな風習は多くの人の存在意識の中に残っていて、なじみ深いものになっているのでしょう。

 

ある意味、日本人である以上無意識にでも神社に感じるものがあるのかも知れません。

 

更に近年ではパワースポットブームにより、幅広い世代に神社巡りに対する関心が高まっています。

 

そんな神社を改めて巡ってみると、新しい発見があるかも知れません。そんな楽しみがある趣味になります。

 

スポンサードリンク

《神社を巡る趣味》の魅力

《神社を巡る趣味》の魅力は色々とあります。楽しんでいる人はどのような事に魅力があると思っているのでしょう。

 

  • 神前で静かに手を合わせる事で心穏やかな気持ちになる
  • 地域により様々な特徴のある神社を見て回れる
  • 祈る事により家内安全、商売繁盛、学業や就職成就のための心のよりどころとなる
  • 神社巡りを通じて日本古来の宗教観や思想に改めて触れられる
  • 自然や神話、言い伝えなど人智を超えたものに対する畏敬の念が育まれる
  • 旅先で大小様々な神社を見て回る楽しみができる

 

《神社巡りをしている人の動画》

 

《神社を巡る趣味》の楽しみ方

《神社を巡る趣味》の楽しみ方は、神社は全国各地に大小様々存在しているので、そんな様々な神社を巡って楽しみます。

 

有名な日光東照宮や出雲大社、伊勢神宮などは観光スポットとして人気があります。

 

多くの人が一度は訪れてみたいと思っている神社でしょう。とは言え、このような有名な神社に対して、地元の人しかしらない神社もたくさんあるものです。

 

この有名な神社を巡る事と、地元の人に大切にされている小さな神社を探しながら巡る楽しみを、ミックスしてみるのも楽しい神社巡りになります。

 

地元に近い場所や良く知っていると思っている土地でそういった神社を見つける事も面白いものです。

 

また神社を巡ることを楽しみながら、神社に参拝することで、家内安全や病気平癒、厄よけなどに向けた元気や勇気をもらえるようになるのも嬉しい趣味となります。

 

《神社を巡る趣味》の費用

《神社を巡る趣味》の費用は、お賽銭の金額の意味として、5円はご縁がありますようにとは広く知られています。

 

5円玉2枚で重ねがさねご縁がありますように、5円玉3枚で十分ご縁が、5円玉4枚で良いご縁がありますようにという意味合いになります。

 

しかしながら気持ちの問題であるため、あまりとらわれずに納得のいく額をお賽銭にするのが適切です。

 

この他お守りや絵馬は500円から1000円、おみくじは紙だけであれば30円から200円程ですが、天然石や根付けなどが付くと500円程になります。

《神社を巡る趣味》の始め方

《神社を巡る趣味》の始め方は、まず鳥居の前で左右どちらかに立ち一礼し、真ん中を開けて鳥居をくぐります。

 

鳥居や参道の中央は神の通り道とされているため、人間は左右どちらかに寄って歩くようにします。

 

手水はまず左手を清めた後に右手を清め、左手で受けた水を口に含みすすいだ後、左手に水をかけて清め、最後に柄杓の柄を縦にして洗い流します。

 

これが済んだら拝殿の前で一礼して賽銭を入れ、鈴を鳴らしてから二拝二拍手一拝し、鳥居を出たら一礼して参拝を終了します。

 

これに加えて境内にはペットを連れ込まない、境内にある植物を手折らない、飲食やタバコは指定された場所以外では摂らないようにするなどのマナーを守ります。

 

おみくじの大吉は現時点が最も運がよくそれ以降は運が下がるといういわれもあるため、可もなく不可もない結果の方が良いという考え方もあります。

 

スポンサード リンク

神社の参考書籍