花火大会を巡る旅

花火大会を巡る旅

花火大会を巡る旅の趣味は、ひとつの花火大会の花火を楽しむだけではなく、日本中で行われている花火大会を巡る事でそれぞれの違いや特徴を感じて楽しむ趣味です。

 

花火大会

 

花火は、真っ暗な夜空に突如として大輪の花を咲かせ、瞬く間に散っていくはかなさが美しいものです。

 

この美しくてそしてはかなさが日本人に愛されているのでしょう。日本人の心をとらえて離さない花火は、夏の風物詩となっています。

 

このように愛されている花火は、まさに日本中のあちらこちらで打ち上げられています。花火大会を巡る趣味は、この日本中で親しまれている色々な花火大会に行く趣味です。

 

花火大会によって、打ち上げる花火そのものの美しさに加え、打ち上げるタイミングや個数など、どれも独自の工夫がなされています。

 

それはまさに夏の夜を彩る光の芸術と呼べるものです。富士山をバックに打ち上げられる花火や、湖畔の花火、海上花火などその場所に合った素晴らしい花火大会を見に行って楽しむ趣味になります。

 

スポンサードリンク

《花火大会を巡る旅》の魅力

《花火大会を巡る旅》の魅力は色々とあります。楽しんでいる人はどのような事に魅力があると思っているのでしょう。

 

  • 全国各地の様々な美しい花火を実際に見られる
  • はかなく消える花火や人々の歓声など、夏の情緒を味わえる
  • 花火そのものの美しさに加え、その打ち上げ方やBGMなどの工夫を凝らした演出を堪能できる
  • 旅先で昼間の観光と夜の花火大会を併せて楽しめる
  • 夜空を彩る幻想的な花火を眺める事で日常をしばし忘れられる
  • 花火大会を目指して全国各地に旅ができる

 

《動画で見ても花火は美しい》

 

《花火大会を巡る旅》の楽しみ方

《花火大会を巡る旅》の楽しみ方は、その地域や場所に合った花火大会がおこなわれるので、その場所特有さを感じる面白みがあります。

 

全国の花火大会の多くは夏に行われますが、北海道のおびひろ氷まつり花火大会は1月におこなわれますし、くしろ氷まつりは2月です。

 

真冬のしかも心底冷え切るような厳寒の中で、花火を見たことがある人は意外と少ないのではないでしょうか。

 

寒い中での花火大会と言うのも、一風変わっていて新鮮に感じられるものです。

 

また、神戸ハーバーランドでは10月に行われるなど、夏以外にも行われる大会も中にはありますので、シーズンをずらした花火大会を観に行くという楽しさもあります。

 

他にも新潟の浅原神社奉納煙火大会は夜だけでなく、昼間にも花火が打ち上げられる珍しい大会となっています。

 

こんな季節の違う花火大会を楽しむ方法もあります。

 

しかし、やはり夏の夜を彩り瞬く間に消える花火の美しさと、そのはかなさゆえに独特の情緒を楽しめるのが花火大会です。

 

趣向を凝らした花火や打ち上げる時の演出、夜に行われる大掛かりなイベントという非日常的な空間がとても楽しいのが花火大会です。

 

これと相まってしばし幻想を楽しむ一方で、それに伴うはかなさもまた花火の魅力となります。

 

花火大会に行ってみよう!

色々な花火大会に行ってみましょう。

 

予約が出来たりお得なチケットを買えるサイト!

 

クラブツーリズム

 

花火大会

 

全国の花火大会ツアー!大事な人と行ってみよう!

 

花火大会ツアー

 

H.I.S.

 

花火大会

 

HISのバスで行く花火大会ツアー

 

⇒HISの花火大会バスツアー

 

チケットぴあ

 

チケットぴあ

 

チケットを買うならやはりチケットぴあはチェックしておきたい!

 

⇒チケットぴあ!
icon

 

《花火大会を巡る旅》の始め方

《花火大会を巡る旅》の始め方は、行きやすい場所で行われる大会から行きましょう。

 

もちろん近くであれば今までも行った事があるかも知れませんが、花火大会巡り旅の始まりと考えれば新しいスタートです。

 

なので、今までとの違いの為にも、また趣味として楽しむ為にも、ただ見に行くだけの花火大会はやめましょう。

 

趣味として楽しむには一工夫します。例えば、ノート1冊を用意して花火大会日記などを書くと今までの花火大会とは違ってきます。

 

何月何日にどこの花火を見に行って、どこから見たのか、天気はどうか、今回の目玉花火はどうだったのか。などを綴っていくと、新しい趣味としてとても楽しめます。

 

他にも、花火大会は夜に行われるので、昼間に周辺の観光をして、それも綴っていくと花火大会を中心にしながら旅日記にもなっていきます。

 

花火大会と共に、その地域の良さを堪能することもできます。各所のベストビューポイントや各大会の特色などについてあらかじめ調べておくとより楽しめるようになります。

 

近場の花火大会からでもこの趣味は始められますが、趣味として楽しむにはノート1冊を用意すると違ってきます。

 

スポンサード リンク