日本の城を旅しよう【魅力・楽しみ方・始め方】

日本の城を旅する趣味

日本の城を旅する趣味は、戦国時代などに建てられた城を訪ね歩いて、発見と感動を楽しむ趣味です。

 

城

 

お城に行くとその時代の息吹を感じる事ができます。お城を旅する趣味は、必ずしも天守閣があるような立派なお城ばかりではありません。

 

城址

すでに原型が無いような城址も多々あります。しかし、ゆっくりとその城址を歩いてみると、そこには間違いなくお城があった事を感じる事ができるのです。

 

城址も遺跡のひとつと言えます。しかし、その歴史は500年ほど前からなので、遺跡としては新しいものになります。千年二千年前の遺跡は、そのほとんどが土に埋まり発掘には大変な時間と費用が掛かるものです。

 

そんな中で、城跡は埋まる事無く、まだまだ鮮明に残っているのです。つまりその場所に行って、その場所に立つとお城があった事を感じる事が出来るのです。

 

日本のお城を旅する趣味は、このようにすでにお城の形はなくても、その時代には間違いなくその場にあったお城を感じる事ができるのです。

 

そんな発見が魅力の城巡りと、今でも立派な天守閣を誇るようなお城を巡る趣味とが楽しめます。

 

スポンサードリンク

《日本の城を旅する趣味》の魅力

日本の城は、歴史の中で様々な攻防戦の伝説や物語があるものです。

 

あるお城には胸躍る英雄達の物語があったりします。志をとげた人の物語です。しかし、同時に奮闘努力にも関わらず散っていった人もいるのがお城の物語です。

 

戦いがぎりぎりまで追い詰まったなかでの、歴史の人々の思い。城のひとつひとつにその歴史と、そこにいた人の息吹があるのです。その時を越えて、それらを感じる事が出来るのが日本のお城の魅力です。

 

《日本のお城の魅力が解る動画》

 

《日本の城を旅する趣味》の楽しみ方

《日本の城を旅する趣味》の楽しみ方は色々とあります。

 

歴史を調べてからお城を見て回る事で、その場でどのような事が起こったのかが、時空を超えて感じられるような不思議を味わえる楽しみ方があります。

 

あなたが行ったお城の城日記を作成しても楽しいものです。その時には、単純にどこのお城に行ったではなく、写真を組み合わせながら自分で調べた歴史的背景を踏まえての感想を入れていくと、オリジナルのお城日記が出来上がります。

 

日記だけではなく、スケッチを入れて自分のお城百科を作成してみるのも良いです。

 

日本のお城は天守閣がある有名なお城ばかりではないです。そこで忘れ去られているお城を、本などを頼りに発見する楽しみ方もあるものです。

 

年代によっても、お城はその特徴があります。お堀を深くした時代から、鉄砲の伝来と共に横幅が広くなったお堀。

 

石垣だけを見てもその造りで時代背景などは解るものです。あなたがどこに興味を持つかによって、日本のお城はそれを満たすだけの楽しみ方があるものです。

 

《日本の城を旅する趣味》の費用

《日本の城を旅する趣味》の費用は、その行ってみようと思っているお城までの旅費になります。

 

有名なお城などは旅行ツアーがありますし、特にNHKの大河ドラマが人気の時には、関連のお城ツアーが多数あります。

 

いくつかのお城を巡っての日帰りツアーなどもあります。またガイドさん付きのツアーもあるので、事前にお城について調べなくてもお城巡りが楽しめるものもたくさんあります。

 

このように有名なお城を巡ろうと思えば、全国的を廻る事になるので、旅費はそれなりに掛かります。

 

ただ近場の城跡などを巡って楽しむ分には、ほとんど費用は掛からないで楽しめます。

 

他には、有名なお城では入場料があったりして、1000円程度は掛かります。

《日本の城を旅する趣味》の始め方

日本のお城巡りは、今はとても始めやすくなっています。

 

それはお城関連の書籍がたくさん販売されているからです。ホントに人気に比例してたくさんの書籍があるのです。

 

お城のガイド本で全国にあるお城を網羅しているものから、著者が自分が巡ったお城の旅行記などさまざまです。

 

どちらも1冊くらいずつあると楽しくなります。

 

→お城関連の書籍一覧!

 

お城は日本中に点在しているので、あなたの近くにもきっとあるはずです。書籍を用意してあなたの近くのお城から出かけてみると良いでしょう。

 

お城の形が残ってる所は必ずしも近くにあるとは限りません。でも公園になっている所もありますし、○○城跡の名前しかない所もあるはずです。

 

そんな名前しか残っていない城跡にも、歴史の背景は刻まれているものです。しっかりと城が遺跡としての址は残っているものです。

 

知らなかっただけで、実は歴史上は有名だったお城があるかも知れません。書籍を参考にしてお城に行ってみましょう。

 

その場に行ってみると、くぼみに見える部分が『ここが堀の址か!』や、この小高い山は『土塁の址なんだ!』と歴史の発見が出来るはずです。

 

そんな小さな歴史の発見から『日本の城を旅しよう』趣味を始めてみましょう。

 

スポンサード リンク

日本の城を旅する趣味をやってみよう!

どこにどんなお城があるのか?そしてそのお城の歴史なども知っておきたいものです。

 

まずは日本のお城のガイド本は欲しいところでしょう。

 

日本100名城に行こう 公式スタンプ帳つき 

内容は100名城の見どころガイドと公式スタンプ帳が一冊になったものです。

 

1ページに1つのお城が写真3枚とともに見どころなどが説明されています。

 

公式スタンプ帳にもなっているので、スタンプラリーに参加したり記念スタンプを押したりもできます。

 

こんなガイド本があるとより楽しめます。

 

知識ゼロからの日本の城入門 

この本は日本城郭検定4級の公式テキストにもなっていて、お城めぐりの入門書としても人気があります。

 

ひとつひとつがイラスト入りで解説されているので解りやすいです。

 

城の仕組みや防衛策について読んでいると興味深くて面白いものです。

 

わくわく城めぐり ビギナーも楽しめる〈城旅〉34 

紹介されているお城は34と多くはないですが、城の基本から教えてくれる本です。

 

城の構造、お堀、石垣などの解説はわかりやすいです。

 

お城の情報ももちろんですが、その県の名物なども写真で紹介されているので、余り歴史が解らない人も楽しめる一冊です。

 

カラー図解 城の攻め方・つくり方 

この本もお城の入門書ですが、たくさんのお城を巡るだけではなく、そのお城に繰り広げられた攻防戦の歴史など深く知りたい時の本です。

 

戦国時代の土の城や山城などもフィーチャーして、知られざる秘城なども紹介されています。

 

 

お城巡りを楽しむのに、お城関連の書籍はたくさんあるものです。

 

お城のガイド本に始まり、お城の見かたや攻防戦の歴史などが解ると更に興味深い趣味になっていくでしょうね。

 

お城巡りの人気は高く、様々な関連書籍があるので色々と探して見ると面白いです。

 

あなたのお城巡り趣味のお供になる一冊を探してみましょう。

 

ユーキャンで戦国の歴史を学ぶ

お城巡りを楽しむ時に切っても切り離せないのは、その時代の歴史的背景です。

 

そのお城はどんな理由で作られたのか?なぜ必要だったのか?誰が築城したのか?などの歴史的な背景を知っていると更に面白くなります。

 

特に戦国時代に焦点を当てて学ぶと、激動の時代で動いた時なので興味津々で学んでいて楽しいです。

 

お城めぐりと一緒に戦国時代の歴史的な背景を学んでみると良いでしょうね。

 

色々なたくさんの本を買いあさるより、全33講が順序だてて学べるので、数々の疑問が見えてきて戦国時代の全貌が解るので面白い講座です。

 

お城に行こう!

お城のガイド本で調べてマイカーで行ってみる!とすぐに出発してみるもの良いでしょう。

 

しかし、旅行として楽しみながら、またお城をガイドしてもらいながらお城に行ってみたい人。またはお城めぐり友達を作りたい人はお城巡りツアーに参加してみましょう。

 

今はお城巡りはとても人気なので色々な名城ツアーなどがあります。

 

ガイドさんもいて解説しながら案内してくれるので一人でのお城巡りとは違った楽しさがあるものです。

 

クラブツーリズム

 

クラブツーリズム

 

クラブツーリズムの日本の名城特集!

 

≪国内旅行≫リピーター続出!クラブツーリズムの大好評ツアーはこちら

 

るるぶトラベル

 

るるぶトラベル

 

城へ!日本100名城から厳選ぶらり旅

 

城へ!日本100名城から厳選ぶらり旅

日本の城を旅しよう【魅力・楽しみ方・始め方】記事一覧

日本の名城を巡ってみよう!と思っても、お城のどこを見るのか?お城の何を感じるのか?何を目的にするのか?で楽しみ方は違います。せっかくのお城をただ行って来ました!だけではつまらないです。どんな旅にするのか!初めに楽しみ方設計図を作ってみましょう。そんな楽しみの設計図作りに役立つ本から日本の城巡りの趣味をやってみましょう。