レトロ散策を楽しむ趣味

レトロ散策を楽しむ趣味

レトロ散策を楽しむ趣味は、昔を懐かしむ風景を感じながら楽しむ趣味です。なぜか郷愁を感じる風景と言うのはあるものです。

 

レトロ散策

 

この趣味はこのような風景や、場所、物、雰囲気を見つけることを目的に散歩をする趣味です。

 

オールウェイズ3丁目の夕日の風景や雰囲気などに感じるものがある人にはオススメです。

 

散歩をしていたらふと見つける路地裏、小さなお社・・・知っている町なのに知らない道。知らない町の知らない道のはずなのに、知っている気がする道。最後に迷子になったのはいつでしょうか?

 

たまにはわざと迷子になってみるのもいいものです。・・・本当に迷子にならないように、スマホや地図があると安心して旅に出られます。

 

スポンサードリンク

《レトロ散策を楽しむ趣味》の魅力

《レトロ散策を楽しむ趣味》の魅力は色々とあります。楽しんでいる人はどのような事に魅力があると思っているのでしょう。

 

  • 散策=散歩なので、無理をしなければ健康にとてもいい。
  • 近場の散策ならお財布にやさしい。
  • その町の地理に詳しくなれる。
  • 特別な道具や知識は不要で一人で思いつくままに楽しめる。
  • 誰かと一緒でも楽しめます。おしゃべりしながら散策し、お互いの感性を比べてみましょう。

 

《散歩の魅力が解る動画》

 

《レトロ散策を楽しむ趣味》の楽しみ方

《レトロ散策を楽しむ趣味》の楽しみ方は、自分が懐かしいと感じるものを探し、心に刻む、写真に収める、絵に描いてみるなど。様々な方法でその感情を楽しめます。

 

また、同じ風景でも時間によって急激にこみ上げてくるノスタルジー感を感じる場合があります。同じ場所でも何度か足を運ぶのも違う発見があったりします。

 

時には電車などで遠出するのも有りです。

 

ウルトラ怪獣散歩やぶらり途中下車の旅、アド街っく天国、ちい散歩、秘境駅などTV番組で紹介された良い雰囲気の場所に行ってみるのもいいですね。

 

温泉街や、下町と呼ばれる場所もオススメです。

 

書籍に日本懐かし自販機大全というものがあったり、レトロ散策モデルコースを公開している街などもあるので、それを参考にするのもいいでしょう。

 

《レトロ散策を楽しむ趣味》の費用

《レトロ散策を楽しむ趣味》の費用は、費用をかけるとすれば、・水筒(飲み物代):100円〜水筒は自宅にあるもの、無ければペットボトルでいいでしょう。

 

ペットボトルホルダーがあれば楽ですが、無くても問題は無いです。

 

・歩きやすい靴:980円〜やはり自宅にあるスニーカーなどでいいです。
歩きやすいものを選びましょう。

 

・季節に応じた服:980円〜近場、1時間以内であれば普段どおりの服装でも平気です。
遠方である、1時間以上の場合は季節に応じて、通気性や速乾性、保温性などを気にしましょう。

 

・日よけの帽子:100円〜時期によっては必須です。初春・深秋・冬などの、涼しい時期、短時間、近場であれば最悪無くても平気です。
遠方、長時間であったり、日差しがある場合は涼しい時期でもかぶって行きましょう。

 

場所によっては
・電車代
・ツアー代
・入場料
・立ち寄ったお店での飲食費
・スマホや地図
が必要です。
地図はダウンロードでもいいでしょう。しかし、裏路地はカバーしきれない場合があります。

 

知らない土地やわざと迷子になりに行く場合は念のために持って行きましょう。

 

人がいないような場所が目的地の場合はGPS系のツール(スマホ可)があると安心です。

 

他の趣味と併用もできます。
・カメラ
・スケッチセット(鉛筆画)
カメラは特に気にしない場合、スマホのカメラ機能や使い捨てのものなどで十分です。こだわる方は数万円〜を覚悟しましょう。カメラの世界は奥深いです。

 

スケッチセットの方はそれに比べれば安価です。スケッチブック、鉛筆数本、消しゴムですむで、1000円くらいから準備できるでしょう。

 

この趣味は道具にお金をかけるというよりは移動や散策先で要する費用がほとんどです。ともすれば、何かのついでにノスタルジックな風景などに出会えることもあります。

 

基本的な服や靴、帽子にスマホがあれば初期費用は皆無です。

 

移動以外の費用は工夫次第で抑えられます。

 

郷愁を感じるのに費用の心配はしたくないですから、あまりこだわらずに楽しみましょう。

《レトロ散策を楽しむ趣味》の始め方

《レトロ散策を楽しむ趣味》の始め方は、基本的にやっていることは散歩、ウォーキングです。

 

どこかに出かけているときに気になる路地を見つけたら入って行ってみましょう。

 

懐かしい風景や物を見つけたら写真を撮ったり場所を覚えておき、お気に入りのスポットにしたりしていきます。

 

郷愁や望郷を感じたらそれはもうレトロ散策の入り口なのです。

 

散策趣味を始めるのに参考になる書籍はたくさんあります。これから散策を始めてみようかな?と思っている人は見てみましょう。

 

スポンサード リンク

散歩の参考書籍